たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日の怪しい、雲

妊娠しました。
超・キモチ悪いです。う゛おおおぇぇぇぇ。
予約投稿で書きためた、酒粕酵母の前記事を見るだけで、
気分的にモ゛エ゛エ゛エ゛エ゛となります。
しばらく作れないやこれ。ぶおおお。


今日は、地震雲らしきものが昼も夕方も凄かったので、
ついつい写真をたくさん撮りました。

これは、三島方面から、富士山を撮りました。
左下のもっくもくなところが、富士山です。

20150304180923774.jpg

これは、箱根方面。

20150304180948bc9.jpg

収束点が、箱根の方なんでしょうか。
三島から見て、北東方面です。


これより下は、18時頃。
全部、西の空です。
魚の骨みたいになってますが・・・

DSC_7564.jpg

竜巻雲、とまではいかないですが・・・
ちょっとやな感じです。

DSC_7567.jpg

前回も、西に放射状の雲が収束していたとき、
四日後に徳島で強い地震がありましたが・・・。

DSC_7566_201503041810460dc.jpg

最近、ブリの豊漁やら、鰯の豊漁やら、
ちょっとドキドキするニュースが多いので、
備蓄をぬかりなくしたいと思います!

スポンサーサイト

| 普通の日常 | 18:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年 節分 その1 ~食べ物編~

4歳児がやおら、「わたし、おとうさんに手紙かきたい。」
と言ったので、フーン、と紙をわたしたところ、
出来上がったのは

DSC_1914.jpg

「おとうさんの足。」

・・・手紙に足ですかそうですか。
旦那さんの名誉のために言っておきますと、
旦那さんはペディキュアもしていませんし、
足指毛も剛毛ではありません。
子供は常識外れな事をするので、面白いです。

  ・
  ・
  ・
さて、節分が来たと言うことで、
我が家は基本的に頑張って手作りしました。

独身時代、食いしん坊な実家では、節分は一大イベントの一つであり
2月3日に怖い部長からの半強制飲み会のお誘を頂いたときは
爽やかにお断りをし、家に猛ダッシュした記憶があります。
「何で、節分で、帰るんや!わけわからん!」と怒られましたけど・・・。

今回は、恵方巻き・煎り大豆を作りました。
本当は鰯の煮物も作りたかったんですけど、
納得できる産地のものが手に入らなかったので。。。

酢飯の配合は、去年のひな祭りのちらし寿司
わりとお好みの味わいだったので、その配合を3合→2合に減らして作りました。



2015年恵方巻き 覚え書き
◆ 寿司酢の配合 (2合分)
◎ 砂糖 20~22g
◎ 塩 10g
◎ 酢 55g
(7分搗き米2合分)

を混ぜて、寿司酢を作る。

◆ 具
● しいたけ煮 (どんこを2/2の夜水で戻す、2/3に煮る)
● かにかま (生まれて初めてカニカマ買った)
● ほうれん草 (茹でて絞る)
● 厚焼き卵 (塩麹で味付けて焼く)

DSC_6894.jpg

太巻き作るの、初めてです。

DSC_6896.jpg

まっ、まっ、巻け・・・!!(感動)
巻物初心者が参考にしたのはこちら ⇒
Cpicon 初めてでも巻ける!簡単♬恵方巻き・太巻き by あずちもも

巻くポイントも覚え書きにしておきますと、
★ 巻きすは平らな方が表、丸みがある方が裏。
★ ごはんは180g~230g (今年は180g)
★ 具が多い場合海苔は縦、具が少なく長く作りたい場合は横。
★ 海苔の上下に1.5㎝程余白をとる、酢飯をきっちり平らに敷き詰める
★ ご飯の下から1.5cm位の場所から、固い具を手前にして置く

● 巻くとき、両手の親指→巻きす、両手の人差し指→手前の海苔空白スペース
● 両手の中指、薬指で具を押さえつつ、具の一番奥を目指し、一気に巻く
● 最初の一巻きで海苔(手前の端の部分)が具材を全て覆い隠す様に巻き込む。
● 上になっている巻きすを、片手で軽く上にひきながらずらし、残りを巻く。
● 巻き終わったら、最後に両手で中央から左右端に向かい、握って形を整える。

断面。
もうちくと、お米も具も多くてもよかったかも知れません。

DSC_6921.jpg
  
さて、お次は節分の炒り豆です。
実家の父直伝です。
節分問わず、お酒のおつまみにしているそうです・・・



煎り大豆の作り方
1.大豆を一晩浸水させる。翌日、ざるに上げ水気を切る。

2.フライパンで、中火→弱火で大豆の表面に焦げ目がつく(好みの加減で)まで
  木べラ(orフライパンあおり)で空煎りする。(目安としては25分位か?)

DSC_6873.jpg

3.豆の中に残っている水分を飛ばす為に、平皿にに煎った豆を入れ
  500Wの電子レンジに入れて水分を飛ばす。
  時間は量によって変わるが、今回は
  3分 + 1分半 + 1分半 + 1分半 + 1分半 + 1分半(=10分半)
  この分数毎に全体を均一にかき回し、、皿を少しずつ回し、
  乾燥度合いを試食して確かめる。

DSC_6875.jpg

この時、まだまだだなぁと思って油断すると急に焦げたりするので、要注意。
少し焦げ目が付いてきたら、中がまだ少し柔らかくても、
意外と余熱でカリッと仕上がる。

ちなみに使った豆は北海道の自然農法の青大豆です。
ここのClub大地の野菜は、今まで食べたどの野菜も右にでるものがないほど、
どれも異常においしいです。
特に、お豆と人参、じゃがいも、かぼちゃは、とんでもないです。
  ・
  ・
我が家はこれで豆まきをし(勿体ないので撒いたら即食べる)、福茶を飲みました。
そうそう、「福茶」って、みなさんのところは文化がありますか?

DSC_6925.jpg

水に梅干し(副産物のシソも)、豆を入れて煮出して飲む、というもの。
さっぱりして、おいしいです。
自家製の梅干しとなると、なおさら。
しかもこれ2013年度製、保存食て保存が利きますねぇ(当たり前)。

茨城育ちの両親は毎年飲んでいましたが、
東京にルーツを持つ旦那さんは、知らない、と言っていました。

さて、鬼のお面も自作しました。
しかしだいぶ長々書きましたので、その備忘録はその2に続きます。

| 普通の日常 | 11:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大惨事

あなたには、経験がありますか?
ティッシュを一緒に、洗濯してしまったこと。
私はついこの間、初めて経験しました。


洗濯物と一緒に、
ボックスティッシュ丸ごと一箱、洗濯するという偉業を。


  ・
  ・
  ・
異変に気がついたのは、幸か不幸か、
「洗い」が始まって5分後のこと。
その日は、旦那さんのYシャツの襟を
別途2枚手洗いしている横で、先に他の洗濯を始めていました。

1枚襟を洗って、回っている洗濯機にYシャツを放り込み、
もう1枚洗って洗濯機をまた開けると・・・・・

あっ?

この白いふわふわは・・ティッシュじゃないの・・・?
ったく・・・誰だよ
鼻かんだティッシュとかの入れっ放しだな
あのティッシュ混入時の洗濯物干しの大変さと来たr・・・・・

えっ?

この、更なる白いふわふわは、一体?

えっ??

ここにもティッシュと見られる固まりが・・!?
んんん?こっちにも・・というかよく見たら、白いの洗濯物じゃなくて、
全部ティッシュじゃないの・・!?


んんん???


(洗濯機の上の棚にいつもある)
ティッシュの箱が、ありませんが・・・???


はい。
ボックスティッシュを丸々一箱(しかもほぼ新品)、わたしは洗濯しました。
何というかね、茫然自失です。

この間、揚げ物油に大量に水が混入してまして、
加熱が佳境に入った頃、ピナツボ火山みたい(イメージ)に油が
ボフ!ッボボボフ!!ボボフ!!ボフボフ!!!
って噴出祭りになった時もそうでしたけど、
そういう時って、人間 「あ~~~~。」って反応しかできないもんです。

先日は鍋の前で「「あ~~~~。」となりましたが、
今日は洗濯機の前です。

本来なら、この時間は始発の旦那さんを送り出した後の
優雅な白湯タイム(お湯をすする)なのですが、台無しです。
私の優雅な憩いの時間を返して欲しい。

とまあ、嘆いていても始まらないので、
取りあえず洗濯機を一時停止し、この極寒の中、
素手でティッシュすくいを開始します。

取りあえず「箱」があるだろう、と思って捜索を開始したのですが、
ものの「洗い」5分で、箱、完全破砕です。
ボックスティッシュ、本気出したら
箱ごとトイレに流せるんじゃないか、と思いました(やりませんよ。)

順調に拾い終えたと思っても、後から後から湧き出てくる、ティッシュ群。
ある者は靴下の中から、ある者は白いYシャツに同化して、
またある者はタオルのしわの中にぎっちりと挟み込まれ、
よくもまあここまで巧妙に細かくちぎれ紛れ込むものだと、
絶望感心してしまいます。

ポケットティッシュを洗濯してしまうことは
人間誰しも一度は通る道である、と仮定すると
今この瞬間、日本では少なくとも1000人がティッシュを洗濯しており、
結果、同じような作業を嘆きながら行っているに違いない。
かつ、そのうち少なくとも10人は同様にボックスティッシュを洗濯機に混入させている、
正直辛いよね、この作業、
と脳内で勝手に仲間を作り上げ、何とかこなしました。

一時間ほどすくいを続け、見切りをつけました。
完全には、取れん。

どれくらい取れたか、見たいですか?
(以下、塵画像が続きますので、お嫌な方は・・・薄目で凝視して下さい。)

  ↓
  ↓
  ↓

DSC_6829.jpg

殆ど役に立たなかった奥のお玉は、普通のお玉より大きいやつです。
グレーの塵が、元「箱」だったパーツです。

これからどうするか・・・・色々考えましたが、
取りあえず1分ほど脱水させ、そのまま「すすぎ」、
いつもより少なめに「脱水」をし、洗濯を終了することにしました。

・・・さて、蓋を開けてみましょう。
あああ。あああああ。がびがび・・・。
まみれてる。まみれてます。

けっこう掬い、がんばったんですけどね・・・・。
これ、「洗い」の段階で気付かずに、最後までティッシュ全量を回してたら、
今頃どうなってたんだろう・・・。ガクブル・・・。

あとはとにかく、無心で洗濯物を振り回し振り乱し、
ティッシュを払います。

洗濯物3枚で、このレベルです。

20150131025550a64.jpg

この日は異物混入デーで、そのほか人の名刺、どんぐり等、
色々な物が洗濯物に混じって出てきましたが、
先人の偉業がすごすぎて、まったく怒りの対象になりませんでした。

どうこなしたか忘れましたけど・・・
洗濯物、全部振り回し干し終わりました。
人間、成せばなる、と本気で思いました。

最後に床に落ちたティッシュを、回収してみました。
けっこう大きなチリトリです。

2015013102572282b.jpg

豊作です。
これで、ティッシュ30枚分くらいの被害規模でしょうか。
戦いは終わりました・・・・。

と思いきや、翌日のお洗濯物を洗濯槽から出したところ・・・・
めっちゃティッシュにまみれてる。

恐らく、洗濯槽に空いている脱水用の穴という穴に、
ティッシュが沢山入り込んでいたんでしょう、
はっきり言って、大迷惑です。

二日目の成果は、ポケットティッシュ2つ分くらいでしょうか・・・。

201501310256340c3.jpg

ボックスティッシュを洗濯してみたらどうなるか
気になっていた方、結果はこうです。
私の人生 「2回は繰り返したくないこと ベスト20」
にはランクインする、そんな作業でした。
おつかれさまでした。

| 普通の日常 | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本年の抱負

子供の前で唐突に、前日動画で見た「ロングブレス」を実践したところ、
自分で可笑しくなってしまい、ゲラゲラ笑っていたら、
「といって、自分が面白くて笑う、おかあさん。」
と冷静に突っ込まれました。
切ないです。

   ・
   ・
   ・
自分が幼稚園児だったとき、
登園拒否を達磨さんに直してもらったので、
達磨さんは大好きです。
(達磨さんを汗かく手のひらに握りしめて、毎日泣きながら登園していた)

一般的な事かは分からないのですが、
我が家では実家での風習そのままに、
新年、購入した達磨さんの背に、今年一年の目標を書きます。

そして、片目を入れ、来年の12月31日までにそれが達成できたら、
もう片方の目にも目を入れ、神社でお焚き上げをします。
駄目だったら、片目のまま、申し訳ない気持ちと共に
やはりお焚き上げをします・・・。

今年も達磨さんを買いました。
4歳になったので、子供の分も初めて買いました。

中・小・大。

DSC_6723.jpg

今年の目標を、全世界に発信します・・・

DSC_6713.jpg

脳みそが筋肉みたいな、家族です・・・。

| 普通の日常 | 06:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言い訳と近況報告

いやあ~~・・・・・・
さぼりました。
もう12月です。年取るもんです。
と、更新をサボるたびに言っている気がします。

ちょくちょく覗いてくださったみなさま、失礼しました!
そして、いつも本当にありがとうございます!


どうにも自分の中でインプットだけしたい時、
猛烈にアウトプットだけしたい時の波があって、
11月は完全にインプットの月でした。
(過去のブログ月別アーカイブを見ても、11月、12月、1月はその傾向が強いもよう・・・)

DSC_6226.jpg

アウトプットの波が来ると、朝4時くらいまで
猛烈に文章を打ち続けていたりするんですが、
波が来ないとモ~だめです。
というほど大それた文章はいつも書いていないんですが、
何かが「降りて」来ないと、文を書く気力が湧かなかったりします。

とかかっこいい (風な) 事を書いてみましたが、単純に

条件1.子供に寝かしつけられず、且つ布団から出て来る気力がある
条件2.もしくは旦那さんが早く帰ってきて、子供を寝かしつけてくれている
条件3.かつ旦那さんも寝かしつけられている
条件4.シラフ

という条件が揃いさえすればいいんですが、
ま――――――――― これが揃わない。

条件1で、もうまず駄目。
電気消しますよ?布団に入りますよ?横になりますよ?暖かいですよ?
これがどうして起きていられましょうや??
最初の電気を消す時点で、ほぼ詰みます。

万に一つ、子供が早く寝てくれて、意識が保てたとしても、
お昼間に気になったアレやコレ、あの人のブログ、今日更新のweb漫画、
スマートフォンでひとしきり堪能すると、まあ当然布団の中ですから、
やっぱり気がつけばスヤスヤてなもんです。至極簡単です。

そして条件2
旦那さんが早くかえっt・・・帰って来ないのですわ、これが!ご多忙のもようです。
週1くらいでしょうか、週1で帰ってくれば、当然酒盛り!!
となり、無条件で条件4 (シラフ) がつぶれます。
条件3 (旦那さんが子供と一緒に寝てしまう) だけは、難なく達成されます。
そうだろう、そうだろう、暗い所のお布団は、入眠にもってこいの場所だろう・・??

というわけで今日は奇跡的に条件1~4が揃い、だらだらと書きましたけれど、
要するに、お布団って気持ちいいよね!っていう、お話でした。
冬になると今にも増して殊更、お布団は気持ちがいいわけですが、
更新を細々、頑張っていきたいと思います!

DSC_5941.jpg

と言って、気持ちよさそうに寝ている写真など。

| 普通の日常 | 01:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。