たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒豆を植えますた!!

実に!
2年ぶりの植物育成です。


友人ご夫婦のプロジェクトに協力すべく、
頂いた黒豆を7月8日にまきました


R0016592.jpg
土やら、プランターやらまでも準備していただきました…感謝感謝であります


めちゃ狭い、日当たり不良のベランダ。
そこへ育てる人は未熟者と来ましたが、
おいしいビールのお供になるように
張り切って育成していきまーす。


豆の名前は、黒豆なので
松崎しげると名付けました。


スポンサーサイト

| 植物 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鍋で焼く手抜きカンパーニュへの道 5

前回のカンパーニュで、ある程度成功した
思えるものができたので、
今回でカンパーニュはひとまずおやすみ。


前回の反省を生かして、
今回は塩を3gに減らしてみました。
ちょうど良い塩加減になってました!

あとは、クープを入れるときに
表面を少し乾かしてから、入れてみました。



今回の材料
● 国産強力粉(北海道産小麦) 120g
● 国産薄力粉 80g
● きび砂糖 小さじ1と1/3
● 塩 3g
● 白神こだま酵母 小さじ1/4弱
● 水 130g(加水率65%)



手順は前回と同じなので、写真は一部省略。

1.水以外をボウルに入れ、ゴムべらで混ぜる
2,水を入れて、ゴムべらでひとまとめになるまで混ぜ、ラップして1時間放置
3,へらで2つ折りを2回する
4,1時間後にもう一回へらで2つ折りを2回、冷蔵庫にIN
5,18時間後冷蔵庫から出し、20分室温に置く
6,2つ折りを2回して、丸める。
7.網の上にオーブンペーパー敷き、パン生地載っけて鍋に入れ蓋し、二次発酵開始。
8.1時間後に取り出して、鍋を3分予熱、25分焼く。



がっ。
この日はなんだか暑くて、
7の二次発酵、1時間しか経ってないのに
前回より、あきらかにダレぎみというか
発酵が進んでしもうとる。。。



発酵前~
R0016547.jpg


発酵後~
R0016548.jpg


前回より、ちょっと大きい・・・よね!?



そしてクープ入れますた

R0016550.jpg



発酵最後10分くらい蓋を取って、
表面を少し乾かしたつもり!
あいかわらずベタベタくっついたけど、
前回より切れやすい~


でっ、焼いてみましたよ~
二次発酵させすぎたので、
ちょっとやな予感を感じつつ、蓋オープン!

 ・ 
 ・
 ・

ぼわーーん

R0016551.jpg


こげなんですぅ


R0016553.jpg


焼き色が薄いなぁ。
もう+5分くらい焼いてもよかった感じ。

鍋で焼くパンは、焼き色がチェックできないとこが
ちょっとネックですね。


火を止めたあと、いつも焼き色をつけるために
少し放置してるんだけど、
今回はお嬢さんとウッカリお昼寝をエンジョイしてしまったので
蓋を開けた頃には、少々しっとりしぼみ気味・・・。



断面はといいますと、このような。

R001<br /><br /><br /><a href=R0016579.jpg

トーストすると、おいしいね。


さて、次回は鍋で焼くミニ食パンを
作る予定!
うまくできるかしらん。


| 手作りパン | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あぶってかも!

福岡には、関東出身のワタシにとって
珍しくて仕方がない魚が、たくさんあります。

鮮魚コーナーをこよなく愛する人間としては
興奮の毎日です。


今、めちゃくちゃはまってるのが
これ!

R0016454.jpg



R0016458.jpg


あぶってかも!!
(すずめだい。)です。


吉塚商店街の鮮魚屋さんで見つけて以来、
激はまり中。

はまりすぎて、鮮魚屋さんの前を通るだけで
「今日は入荷してないのヨ!」
と声をかけられる始末。


しかしこれ、最近は食べる人が減ったとかで、
滅多にお目にかかれないのですよ。
おいしいのにねー。
でも、食べるの小骨多くて、めちゃ大変です。

一分一秒を争う、朝のお父さんに出したら
ちょっと怒られますw

おいしいのにねーー。


食べ方としては、多めの塩を振って、
皮が黒く焦げるほどよく焼く。
と、吉塚商店街の石川鮮魚店のおかみさんに
教えていただきましたー



R0016459.jpg
焼き甘いでしょうか


うろこがついたまま焼くんですが、
そのせいか蒸し焼きにしたような、ほこほことした食感。
味は脂がのっていて、淡泊ながら旨味をしっかり感じます。
旬だからか、中には卵まで。

埼玉育ちとしては、釣りたて焼きたてほやほやの
ニジマスの塩焼きの味を思い出しましたー



あ、これ。
朝のお父さんにも厳しい魚ですが、
餌付けせねば自食できないお子がいるお母さんにも、
なかなか難易度の高いお魚です。
解体に夢中で、完全にお子のこと失念しますからねw



6,7月が旬のようなので、
また声をかけられるほど
鮮魚屋さんのまわりを徘徊せねば。



| 手作りごはん | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昼下がり

R0016538.jpg



あんた、そんな土下座スタイルで
よー寝られるねぇ。


| 普通の日常 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鍋で焼く手抜きカンパーニュへの道 4

さて、食べたことのないカンパーニュ作りも
はや4回目です。


前回の反省を生かし、今回は

■ 二次発酵を少し早めに切り上げる

で、やってみます。




今回の材料
● 国産強力粉(北海道産小麦) 120g
● 国産薄力粉 80g
● きび砂糖 小さじ1と1/3
● 塩 小さじ1弱
● 白神こだま酵母 小さじ1/4弱
● 水 130g(加水率65%)



水以外を入れてゴムべらで混ぜる
混ざったら800wで20秒チンしたぬるま湯投入、
ゴムべらでまとまるまで混ぜる
(生地が手についてもったいないので、終始ゴムべらにしました)

R0016513.jpg

ちょっと粉っぽいところと、
あきらかに湿っぽいところがあるけど、気にしない・・・

これを45分ほど室温で放置。
こんななる↓

R0016514.jpg


これをゴムべらで2回ほど折りたたんで、パンチ。
1回目パンチ後↓

R0016515.jpg


また45分ほど放置して・・・↓

R0016516.jpg


2回目のパンチしたら生地をタッパーにIN!
冷蔵庫にもIN!

R0016518.jpg
横から~


R0016517.jpg
上から~



18時→13時半冷蔵発酵。
えーと・・・19時間半てとこですかね。


さて、冷蔵庫から取り出しますと・・・

R0016523.jpg


R0016522.jpg
横にダレてるのか、膨らんでるのか・・・・
たぶん膨らんでる、たぶんw



これを20分ほど放置して室温に戻し
(でもさわったら冷たかった)、
ゴムべらでタッパーから取り出す。
空中で平たく延ばして2つ折り→2つ折りしてから、丸く形成。

オーブンシートの上にのっけて、
鍋の中に入れて蓋して二次発酵開始~↓
10秒ほど鍋を火にかけたよ。

R0016524.jpg


1時間15分ほど放置。
二次発酵終了↓

R0016525.jpg


さて、鍋からパンを出してクープを入れます!
濡らしたナイフで・・・ありり・・・
ひっかかるとょ・・・


R0016526.jpg
WENGERのパン切り包丁で切ったんですけども・・・
焼いてないパンはパンじゃね~ってが~~



表面がもう少し乾いてれば良いのかしらん??
粉を振るのはちょっと避けたいしなぁ・・・
これは課題ですな。


さて、気を取り直して焼成!


ジオ鍋を3分ほど蓋して予熱、
パン入れて25分焼く。
(コンロのセンサーが勝手に働くので、もう強火とか弱火とかやめた)
時間になったら火を止めて、
蓋が素手でさわれるぃらいまで放置。


さぁ、今回はどうかな?!
蓋オープーン↓↓↓

 ・ 
 ・
 ・

ぼわーーん

R0016527.jpg


どーでしょう、


R0016528.jpg


ちょっと進歩してると言っていいんじゃないでしょうか!?


R0016529.jpg
性懲りもなく上から


R0016531.jpg

高さも前回よりありますな。



気になる断面図はどうでしょう。



こんなん。


R0016533.jpg


どーなんですかこれって??
お詳しい方。


味は少々塩気が強いかと。
もう少し減塩でもいいかな。
もっちり感などは、なかなかよいです。


R0016534.jpg
初めてスライスして焼いて食べました


上を目指せばきりのないカンパーニュですが、
わたくし着地点が分かりません。
まずは、お手本となる
おいしいカンパーニュを見つけましょうかねー。



| 手作りパン | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その翌日に。

買っちゃった。


R0016519.jpg



とんま。



R0016374.jpg
鮮魚売り場のお兄さんに、お腹を出してもらいました



スーパーで見て
家でとんま情報を調べたら、
いてもたってもいられなくなり。
豪雨も何のその、次の日赤子背負って
即行買いに行きましたよ。



パッケージのおすすめの通り、
煮付けにすることにしました。





とんまのレシピ(煮付け)


お腹の出し方は、このサイトの方法
楽ちんそう!

(引用)
調理ばさみで背中から背骨まで切ります。
そして、頭を下に引っ張ると内臓まで一緒にきれいに取れちゃいます。


鍋にとんまが軽くひたるとおぼしき量の水と、
酒、醤油、砂糖、生姜を入れて煮汁を作り・・・

R0016375.jpg


沸騰したところでとんま投入!


R0016376.jpg
見られてる・・・


煮汁がかかるように鍋をまわしながら煮ますー
見ため火が通ったな~、と思ったら
5分ほど蓋をして更に煮る。



R0016378.jpg



旦那さんが翌日の朝に来る予定だったので、
一晩放置して、味を染みこませます

 ・
 ・
 ・

翌朝~
でけた!


R0016380.jpg



めちゃうまい!!!



いやね、調べた前評判では
小骨がじゃまくさいだなんだで、
地雷なお魚かなぁと思いつつ料理しましたけど。
身離れもいいし、脂乗ってるし、本当においしい!!


身が淡泊だから、
煮汁の味付けは少し薄めの方が
より旨味を感じられるかも。





ちなみに、釣り上げたときにギーギー鳴くそうですよ、
この魚。


| 手作りごはん | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男…

福岡の香椎に行ったときのこと…


20120628_223109.jpg




ん?



男…

20120628_223133.jpg

煮?!
居酒屋、男煮?!?!



旦那さんにメールしたら、
何より煮汁が嫌だね、という返信が返ってきました。



いや、行ってみたい。
ほんとに。


| 福岡 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。