たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東西お雑煮あれこれ

はや2月も終わろうとしておりますが、
今年のお正月について本日は書こうと思います。


今年のお正月は、箱崎にお住まいの友人夫婦が
我が家に新年会をしに来てくれました。

パーティーメニューは、グリーンコープの水炊きセット!
本来お歳暮用のものを、自分宅用にに購入という、あれです。

うまいうまいと食べ散らしたあとは、
正月らしくお雑煮タイム!
友人夫婦がわざわざ鍋ごとお雑煮を持ってきてくれました。
というのも、私が博多の雑煮を食べてみてぇだと申したため。


我が家の台所でささっと作ってくれました。
まず驚くのが、別鍋で
昆布を浮かべて餅を茹でること。

しかも、そのことを
「餅をぬべる」
と言うんですよ奥様!
こういうの大好きです。


DSC_2503.jpg



具は別盛りにして、
最後にあご出汁に浸った具ごと椀に注ぎます…



DSC_2506.jpg



このお宅の博多雑煮の具は、
かつお菜、椎茸、鶏肉、鰤、豆腐、かまぼこ、そして餅。


さあできました!!


DSC_2508.jpg



いやあ、熱くてうまいです。
そして彩りが綺麗です!



同じ福岡市内の南の方に
旦那さんの友人が住んでいるんですが、
後日、そこでもお雑煮をご馳走になる機会がありました。

そこのお雑煮はこのような。


DSC_2576.jpg



まっったく違います!

あご出汁、餅、椎茸、鶏肉というところは同じだけど、
かつお菜などはなし。
しかも焼き餅を入れるタイプです。
これはこれで大変美味!


DSC_2573.jpg

ちなみにこれは、そのとき一緒に出てきた
明太子と数の子のおつまみ。
オシャレ、かつ激ウマ。



う~ん、それにしてもお雑煮って本当に面白い。
色々な家庭のお雑煮をご馳走になりたいものです。


ちなみに、両親が茨城、福島育ちの
我が家のお雑煮は、このような。


DSC_2479.jpg



我が家は干し椎茸出汁とかつお出汁、
具は焼きorチンした餅、大根、人参、鶏肉、椎茸。
上に乗っかっている緑は青のりですが、
これは旦那さんの家系から持ち込まれた文化。
まだ慣れませんw


後日談ですが、ある友人にこの話をしたら、
「うちは広島ですけど、
かつお出汁に、牛肉と白菜ですよ!」
と言っていました!
牛肉は初めて聞きました!びっくり。


うーーん、深いぞお雑煮!


スポンサーサイト

| 手作りごはん | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州のお魚! あおな

いつもの近所某D店にて、
見つけてしまいました!
(私には)珍しい、謎の魚・・・「あおな」。


スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属の、
「アオハタ」が本名のようです。

DSC_3373.jpg

298円也。



DSC_3379.jpg


黄色の斑点が特徴的です。
背びれが意外と長い。



さて本日はこのお魚、
パッケージにあるシールのおすすめ通り、
煮付けにて食すことに致しました。


水:酒:しょうゆ:みりんを
5:1:1:1
で合わせて煮汁を作り、煮立ったら生姜と魚を投入!


と、あれ・・・・・


DSC_3380.jpg


魚のサイズの目測を見誤った!!


・・・凶悪な背びれに手をブスブス刺されながらも、
急いでキッチンばさみで身を半分にします。


DSC_3382.jpg


ほっ。



DSC_3410.jpg

できました。


お味ですが、このお魚、
大っ変!オイシイーです!!
お嬢さんの「チョウダイ」の声を無視したくなるほどです。
上品な白身の味が煮汁に合います。


しかしこの魚、その後一度も見かけたことがありません・・・。
うう、食べたい。


| 手作りごはん | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青のりと黒胡麻の醤油蒸しパン

「発酵なしパン」作りの熱が吹き荒れていた時に買った、
ベーキングパウダー。
クイックブレッドは、どうしても重曹のえぐみというか
香りが気になり、ベーキングパウダーを余り使わないまま
お蔵いりしておりました、が。

最後に使ってから、
恐らく半年以上経ってしまったのでは!
と思いだし、最近またベーキングパウダーを使った
何かを作ることが増えとります。


今朝思い付きで作った蒸しパンがおいしかったので、
備忘録がわりにレシピをば。
和風で素朴でおいしかった!


DSC_4141.jpg


青のりと黒胡麻の醤油蒸しパン

材料(マフィンカップ5個分くらい)
●国産薄力粉 100g
●黒すり胡麻 適量
●青のり 適量
●塩 ひとつまみ
●砂糖 5g
●ベーキングパウダー 小さじ1弱
○水 70cc
○醤油 10cc
○酢 10cc
(酢はBPのアルカリを中和させるため。風味は残りません)


1.●を合わせて混ぜる。
2.○を計量カップで混ぜておき、1に混ぜる。
3.カップに入れて、即お湯を張ったフライパンで10分蒸す。


ベーキングパウダーはまだ生きていて、
パカーンとひび割れて膨らみました、
ふぉう。


DSC_4145.jpg



蒸しパンというものをあまり食べたことがないんですが、
簡単でもっちり~でいいですね~。
我が家は毎食味噌汁が必ずつくんですが、
合う合う。

ごちそうさまでした。


| 手作りパン | 09:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こねないごはんパンに挑戦 1

しばらくお休みしていたパンづくりを、
にわかに再開しました。

きっかけは、我が家にしては本当に珍しく、
炊いたお米が半端に余ったため。

小麦粉とベーキングパウダーに混ぜこんで
フライパンでちょちょっと焼いちまおう、
とも思いましたが、
せっかくなので巷で話題の「ごはんパン」に
トライしてみることにしました。


手抜きカンパーニュシリーズ同様、
とにかく手抜きでそこそその出来を!
を合言葉に、頑張って参ります。

ノンオイル、卵、牛乳不使用、少ないイースト、
かつ捏ねない。
これで試してみたいと思います


今回の材料
● 国産強力粉(北海道産小麦) 220g
●炊いたごはん(3分つきの雑穀入りごはん) 120g
● きび砂糖 15g
● 塩 3g
● 白神こだま酵母 小さじ1/4強
● 豆乳 160ml


1.まず、ごはんを豆乳に浸し、
すり鉢で納得が行くまで擦ります。
私はわりと適当。粒がかなり残ったまま。
これを1時間くらいほっときます。


2.粉ものを全て合わせ、ゴムべらで混ぜる。
こだま酵母はぬるま湯で戻す。
豆乳粥になった1と酵母をそこに足す。
ゴムべらで混ぜる。



DSC_4123.jpg

ぐわあべたべたする。
でも一応混ざりました。
真冬なのでボウルの下に湯煎をして放置。
シャワーキャップを被せて乾燥防止。


3.一時間後にパンチ、
ゴムべらで2つ折り×2回。

これはパンチ前。気持ち膨らんでおります

DSC_4127.jpg


4.もう一時間後にパンチ。

これもパンチ前。けっこう膨らんでおります

DSC_4135.jpg

5.して、こちらをゴムべらにて型に入れます。
うちはホーロー容器で代用。
気持ち三等分。
二次発酵開始。
真冬なので、そこらへんで12時間くらい放置。

DSC_4136.jpg



6.朝起きて見たら、あまり膨らんでおらず。
なので再びシャワーキャップ+ぬるま湯の風呂につけておく。
結果1.5倍くらいになったので
焼成に入ります


DSC_4147.jpg



7.200℃で20分。
焼けました!


DSC_4154.jpg
釜延びってなんですか??

油脂なしなので、
もろにハード系のパン風な出来上がりです。



断面はというと、このような。

DSC_4190.jpg


みっちり、どっしり、しっとり、もっちりとしております。
外はカリカリ。
米を大して擦っていないのに、
米粒らしきものは殆ど発見されず。


お味はというと、可もなく不可もなく。
確かにお米の甘味を感じます。
が、何だか過発酵だったのか、
甘酒の匂いがするんですよこのパンたらば。


これも何だか終着点の分かりづらいパンですが、
捏ねずとも膨らみ、食べられました。
お嬢さんも食べておりました。
また何回か焼けたら焼いてみようと思います。


う~ん、課題は…焼成に入るタイミングかな~。
焼いてる最中、膨らんでほしいなあ~~。




| 手作りパン | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男らしい

私の憩いの近所某D店鮮魚コーナーにて。

DSC_1331.jpg



生さんま、1円・・・



DSC_1332.jpg



脂は無いです!!



男らしい!
この一文に感銘を受けて、1匹買いました。


目の前でおばちゃんが10匹くらい袋に入れて去ってったけど、
少ししたらまた戻ってきて更に買って行ってました。
脂はないですYO!!


実際食べたら、わりとおいしかったです。
1円以上の値打ちは確実にありました。


| 福岡 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちこ鯛のホイル蒸し

寒くてすっかり更新が滞ってしまいますた。

博多はお寒うございます。
今年は厳冬、と聞くけれど、
ワタクシには昨年の寒さの方が堪えたような
気がするんですよね…
賛同者は母のみですが。はは。



さてさて、先日、近所の某D店にて
安くて大きくて新鮮なちこ鯛を発見!
25センチくらいのサイズで、
確か150円だかそんなもんでしてよ、奥様。
博多すごかー。


DSC_2798.jpg
死んだ魚の目ではない!


衝動買いして2匹買うてしまいました。


お食い初め以来のちこ鯛です。
前回はシンプルに塩焼きでしたが、
今回はホイル蒸しに挑戦!
簡単オイシイーです!!



ちこ鯛のホイル蒸しレシピ
1.鱗、内臓を取って洗った鯛に塩、胡椒を振り、少し置く
  今回やりませんてしたが、中骨に沿って
  切れ込みを入れたら火の通りが早くなります
2.その隙にお好みの野菜を切る。
  玉ねぎ、人参、きのこおすすめ!
3.アルミホイルに切った野菜をのせ、その上に魚をのせ、
  酒をたらりーと魚にかけ、ホイルをぴっちり閉じる。

DSC_2799.jpg


4.フライパンで15分くらい蒸す!

DSC_2800.jpg

我が家は鉄フライパンなので、
水を引かずにそのままアルミを置きました。
最初弱火→蒸気が立ってきたら中弱火で。

以上!



できましたー


DSC_2807.jpg


ふっくら仕上がった鯛のおいしさは言うべくもあらず。
下にひいた野菜が大変オイシイーです。
鯛から染み出したスープを野菜が吸って、
程好い塩加減と、蒸すことによって生じた
甘味のバランスがタマランです。


ちなみにもう1匹もホイル蒸しにして、
旦那さん用に冷凍しました。

後日東京に持ち帰って食べた旦那さんの感想は、
「おいしかったけど、
出来立てはもっとおいしかったんだろうな、というかんじ」
と申しておりました。


そりゃあのう。すまんのう。。。


| 手作りごはん | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。