たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コリンキーレシピとインドカレー

またまた、変なお野菜シリーズです・・・
いつもの福岡のお姉さんからではなく、
福岡にいたときに時々買い物をしていたEMショップから、
送ってもらいました。

DSC_4964.jpg

コリンキーさん。
かぼちゃのお仲間で、未成熟果を食べるんだそうです。
生でも焼いても炒めても、歯ごたえが楽しく食べられるとかなんとか。

取り合えずカットします。
断面図が、美しい。

DSC_4966.jpg

下ごしらえとして、ワタと種をスプーンで掻き出します。
ワタは勿体ないので、その場でつまみ食いします。
ちょっとほろ苦いけど、きゅうりの香り。食べられます。

実の部分ですが、つまみ食いすると、なんとも特徴のない味・・・
歯ごたえはポリッと軽く、香りはきゅうりのようなんですが、
如何せん味があまりしないという・・。
若干、甘みを感じるような。
色味に騙されているだけ、という説もあります。

DSC_4968.jpg

次の瞬間、いきなり完成してますが、サラダです。

DSC_4969.jpg

きゅうりと一緒に千切りにし、少し塩をしてからドレッシングをかけました。
おおお。意外といける。

塩もみしても、へたらないガッツがあります。
このサクサクという食感は、なんていうのか・・・
キャベツの芯というか、若い柿というか・・・
何せ、さわやかな付け合わせとして、いい仕事をしてくれる野菜です。

別の日のコリンキーさんは、こんな感じ。

DSC_4978.jpg

アボカドと、トマトと。
やっぱり、塩もみを少ししたほうが、コリンキーの甘みが際だちます。
アボカドと相性◎です。

更に、別の日のコリンキーさん。

DSC_4998.jpg

薄切り → 塩・胡椒 → トースターで5分
チーズを上からかけて、お好みの溶け具合まで再度トースターで加熱。
トロトロになります。
歯ごたえを残したければ、最初の加熱なしで、
いきなり塩胡椒+チーズで焼いた方がいいかと。
けっこう好評でした。

蛇足ですが、この日のコリンキーサラダ以外のメニューは、インドカレーでした。
毎回スパイスの配合が適当で違うんですが、
今回は評判が良かったので、メモっておきます・・・・
上から加えていく順に。
完全に自分用の備忘録用で済みません、、、

DSC_4973.jpg


カレーの配合
● 豚肉モモスライス・・・ 200g
● 玉ねぎ・・・ みじん1個、薄切り1/2個
● 人参・・・ 1/2本
● じゃがいも・・・ 3個

◎ オリーブオイル 36g (大さじ3)
◎ にんにく 20g
◎ 生姜 20g
◎ 水 100cc
◎ ホールトマト缶 140g 1缶
◎ ケチャップ 大さじ3
◎ ターメリック 小さじ1
◎ カイエンペッパー 小さじ1/4
◎ コリアンダー 大さじ1/2
◎ クミン 小さじ1
◎ 塩 小さじ1~
◎ 水 400cc
◎ マンゴーチャツネ 大さじ1

反省 : 具材は、もっと小さく切った方が良かった

スポンサーサイト

| 手作りごはん | 09:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JA三島 フレッシュ北上店

オーガニックのお店情報を
たくさん載せて行きたいと思っていたのに、
気がつけば些末なことばかり綴ってしまっております・・・
いけませんいけません。

⇒ その他、三島、長泉町、沼津周辺で無農薬野菜をお探しの方は
  「オーガニックな店」カテゴリーをどうぞ


というわけで、久しぶりに思い出したので書きます、
三島近辺で無農薬野菜が買えるお店、第2弾
JA三島函南農協 農産物直売所 フレッシュ北上店

DSC_0332.jpg

三島駅北口、日大通りを上に上っていくと、
ガソリンスタンドに併設されてあります。

店内には、野菜がたくさん置いてあってわくわくします。
お安いです。
冬場の里芋コーナーの充実っぷりたるや、圧巻です。

その中で、無農薬野菜コーナーはほんのひとかどですが、
お店の奥の方に用意されています。

2014_04_05_15_58_52.jpg

ほうれほれ、有機JASマークありのものです。

2014_04_05_16_01_31.jpg

無農薬野菜の数は、正直言うと少ないのですが、
買って応援したいものです。
もっと、こういう生産者さんが増えるといいなぁと、切に思っています。

無農薬ではありませんが、
静岡県産小麦粉というのも売っています。
JAに親交がある方曰く、静岡県の牧ノ原らへんで取れた小麦を
ほぼ使用しているとかなんとか。
貴重な地粉です、うどん作りたいかたも是非。


JA三島函南農協 農産物直売所 フレッシュ北上店
三島市幸原町1-13-19
TEL 055-986-3280
09:30~18:00

| オーガニックな店 | 09:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デリーパレス@三島

プロが作ると違いが大きい料理、、
ということで、パンとエスニック料理は
勉強もかねて、ついつい外食してしまいます。

前から前を通って気になっていた、
三島広小路駅近くのインド料理屋さんで、お昼を食べました。

なんかテンションが上がっていたので外観を撮り忘れたんですが、
まばゆいカレーカラー、ターメリックカラー、つまり、どイエローです!
早く食べたいっ!!

・・・ということで、ランチAセットを注文しました。
サラダ、カレー、ミニごはん、ナン、デザート、ドリンク込みで850円也。
カレーはかなりの種類選べます。辛さも0~5で選べます。
マトンとか、シーフードとかも選べますが、
迷いに迷った結果、人気らしいバターチキンカレーを頼みました。

最初にサラダが出てきます。
辛そうだけど、辛くない。
よくある、あの味です、コーンがうんます。

DSC_0562.jpg

さて、真打ち登場です。うおう、おいしそう!
トレイがコアラちゃんの書いてあるプラスチック製なのが、
なんとも味があります・・

DSC_0563.jpg

ナンがわりと大きめです。
食べると、ふわふわ系ではなくパリッとして、
薄めでもちもち食べ応えがあるタイプです。タイプ!
しかもおかわりは自由。パリパリがおいしゅうございます・・・

ルーはというと、ものすごいトマト感!
トマトジュースのような味がします。
でも、もちろんおいしいです。食べやすいというか。
煮込まれている鶏肉が、意外にもおいしい!

食後に頼んだ珈琲が、ちょっとびっくりするほどインスタント味だったんですが、
インド料理は総じておいしゅうございます。
選べるドリンクの中にはマンゴーラッシーとかもあったので、
きっとそっちなら味も間違いないはず・・・
セットのデザート(マンゴーヨーグルト?)はおいしかったので。

タンドリーとかも今度食べに来てみたいな~と思いました。
ごちそうさまでした!



デリーパレス
静岡県三島市本町12-14
TEL 055-971-1680

| 静岡 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メロンうり?まくわうり??

福岡のお姉さんのお野菜便に、
また妙なお野菜が!

DSC_4587.jpg

・・・細長い、すいか??
お問い合わせしてみましたら、
これは、「メロンうり」です、と。
すいかうり、じゃなくてメロン・・・!?

取り合えず困ったときのインターネット、
調べましたら出てきません、メロンうり。
でも、どうやらこれは「まくわうり」
のようなものではないかと推測されました。

といっても、まくわうり、名前はうすぼんやり聞いたことはありますが、
触るのも食べるのも、これが初めて。
インターネットがある時代って、便利・・・!

ということで、インターネット情報を元にすると
皮を剥いて、サラダなど生食するような使い方を
みなさんしているようでした。

取り合えず皮を剥いて半割りにし、
種をスプーンでOFF。
ワタは多分棄てるんでしょうけど、食べたらつるつるおいしいです。
ワタは栄養豊富、と聞くので、取り合えずつまみ食いしておきます。うまいうまい。

DSC_4588.jpg

適当に短冊切りにでもして、塩もみして、
汁気をしぼって他の野菜と一緒にサラダにしました。
うりざね顔にもかかわらず、洋風ドレッシングが意外に合います。
今回は、ミニトマト+きゅうり+茹でモロッコインゲンとともにサラダ。

DSC_4598.jpg

お味はというと、やはりスイカのような・・・。
スイカの下の方の味がします。
爽やかなウリ科の香りと、ほのかな甘み、ジューシーさが特徴でしょうか。
ぬか漬けなどもまた、合いそうです。

こんなのも作りました。

DSC_0544.jpg

塩もみして汁気を絞ったまくわうりの上に、
歯ごたえが残る程度に、軽く水戻しした切り干し大根をON。
ポン酢→胡麻油(ラー油もうまい)をまわしかけて食べます。

中華の前菜風です。
これが意外と好評です。
甘さと歯ごたえがいい感じ。夏っぽいです!

| 手作りごはん | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米なすのにんにく味噌チーズ焼き

静岡で米なす発見です!
生産者さんに投げキッスをしたいっ!!

DSC_4589.jpg


以前、神の采配によりおいしい米なすメニューが出来た旨書きましたが、
また別物をこさえました。
今度は以前書いた居酒屋さんのメニューを思い出しつつ・・・

前に作ったにんにく味噌を使います。
こっちの方が手順は楽ちん。

格子状に適当に切れ目を入れ、
(半割にする場合は底を少し切ると、座りが良くなります)

DSC_4591.jpg

油をひいて両面焼きます。
裏側を焼くときに、水かお酒を入れて少し蒸すと
よりジューシーな仕上がりに。

DSC_4594.jpg

ほんでにんにく味噌を塗って、チーズを上に載せて
トースターへIN!

DSC_4905.jpg

おや、半切りに形が変わってる!?
細jけぇことはいいんだよ
前回は途中から写真を取り忘れたので、
2回目に作った写真にすり替わっております。
切り方は、半割でも厚めの輪切りでもどっちでもOKですよー

チーズこんがり目、なす厚めがうましです!

DSC_4907.jpg

いやーーー味噌とチーズ、
甘くてジューシーなトロリンとしたなす、
米なすすごいです。うますぎです。
なんで全国区規模の野菜じゃないのか。

これ、挽肉炒めに、にんにく味噌を和えて
上に乗っけてチーズのせて焼いても合うと思います~
大葉とかもまた合いそうな・・・

静岡の生産者さん、米なすを!
ぜひ米なすをもっと、栽培してくださいっ!!

| 手作りごはん | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八杯豆腐

はちはいどうふ  【八杯豆腐】

拍子木切りにした豆腐を、水またはだし汁6・酒1・しょうゆ1の合計8
となる配合で調味した汁で煮た料理。くず粉などでとろみをつけることもある。
また、大根おろしを添えることが多い。配合が異なるものもある。
◇「はっぱいどうふ」ともいう。

出典:講談社


・・・というものを作ってみました。

でも、醤油と酒だけではなんだか素朴かな・・・
と思ったので、酒の代わりに味醂を入れました。

◎ 豆腐1丁(350ml)
● だし汁 200cc (茅乃舎だしで)
● 醤油 30cc
● みりん 30cc

厳密には 6 : 1 : 1 ではないですが、まあ大体ということで。
煮汁を作り、水切りした豆腐を切って少し煮込み、
片栗粉でとろみづけ。
大根おろしと生姜をのせて食べました。

DSC_3969.jpg

これが、素朴なのにすごくおいしいのです・・・。
大根おろしと生姜という、上に乗っている輩が
どんな影響を及ぼすのかと思ったのですが、予想外にいい仕事をします。
子どももおいしかったとのことで、妖怪の如く
煮汁まですすって食べていました・・・。

新たなる豆腐料理のレパートリーに、是非。

| 手作りごはん | 09:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お弁当

昨日、旦那さんが携帯で野々村議員の謝罪会見を見ていた時、
3歳児が心配そうにのぞき込み、
「ああぁ・・・泣いちゃった・・・」
「大人なんだから、泣いちゃだめだよねぇ」
と辛辣な意見を言っていました。

そのあと、私に向かって
「あなたには分からんでしょうねぇ」とか、
「申し訳ないんですわぁ」とか言ってくるので、
ちょっといやです・・・。

さて、休み明けのお弁当作りです。

DSC_5058.jpg

● 三分づき雑穀米
● 自家製梅干し
● 醤油海苔

● なすしぎ (作り置き)
● カラーピーマンとツナのカレー炒め (自家製冷凍)
● 豚肉と夏野菜のスパイシー煮 (作り置き)
● 打ち豆の煮物 (作り置き)

◎ くろめの味噌汁


ついこの間8月になったと思ったら、
もう8月後半戦です!いや!やばい!!
やり残しのないように、頑張りましょう!!

| お弁当 | 12:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅いもタルト

習い事先で、お土産を頂きました。
元祖 紅いもタルト。
沖縄のお土産です。

DSC_3453.jpg

作ってある会社名が、株式会社お菓子のポルシェ
いけてます。

DSC_3477.jpg

とてもきれな紫色ですが、着色料・保存料は使用していないそうです。
ちんすこうと並んで、沖縄ではかなり認知度の高いお土産でなないでしょうか。
福岡でいったら、明太子と、博多通りもんみたいな。
えっ、わかりにくいって・・・?

なにせ、しっとりとおいしくいただきました。
ありがとうございます!

| いただきもの | 09:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はつめのムニエル

どういうわけか、最近はつめ料理ばかり載せている気がします。
過去のレシピというか、備忘録の殴り書き・・

⇒ はつめの煮付け
⇒ はつめのローズマリーホイル焼き

また、はつめです。
なんか、好きみたいです、はつめのことが。
今度は、ムニエルです。

ムニエルって、なんだかシャレオツ~な響きですが、
極・極簡単で、
塩(クレイジーソルトもいける)、胡椒して~

DSC_4039.jpg

小麦粉両面にはたいてから、油しいて両面焼いて~

DSC_4041.jpg

マヨネーズかけて、さあ食べり!

DSC_4049.jpg

ウマッ!
・・・・という、料理です。

焼くところの油はバターだと、よりシャレオツ感が溢れ出ずるかと思います。
ちなみに、平民たる我が家は、オリーブオイルでちまちま焼いております。
今のところ、はつめはムニエルが一番おいしく感じました。
是非お試しを。

| 手作りごはん | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お弁当と鶏胸肉の塩麹梅シソ巻き

なんだか、天候不順で梅干しが干せず、ちょっと困っています・・
一度干したは干したんですが、連続して干せない日が続いたので、
昨年の失敗(室内で半月ほっといたらシオッシオのカリッカリになった)を踏まえて、
取り合えず梅酢の中に帰って貰いました。
ま、梅は1年のいつ干してもいいと聞くし、気長にやろうと思います。

さて、お弁当。
最近その日のうちにアップできません。
サボり癖がついとる・・


水曜日
DSC_4980.jpg

● 三分づき雑穀米
● 自家製梅干し
● おかか

● オニオンポークソテー (自家製冷凍)
● 切り干し大根 (自家製冷凍)
● ミニトマト
● かぼちゃの塩蒸し (作り置き)
● なすしぎ (作り置き)

◎ なすの味噌汁


木曜日
DSC_5002.jpg

● 三分づき雑穀米
● 自家製梅干し

● なすしぎ (作り置き)
● ミニトマト
● きんぴらごぼう (自家製冷凍)
● 砂肝とねぎの胡麻油炒め (自家製冷凍)
● 豚肉と夏野菜のスパイシー炒め (作り置き)

◎ なすの味噌汁


=========================================

蛇足備忘録ですが、
先日作った鶏胸肉塩麹梅シソ巻きが好評だったので、
配合をメモっておきます、、、

DSC_4979.jpg

● 鶏胸肉 250g
● 塩麹 大さじ1.5
◎ 梅干し小叩いたもの 3個分
◎ みりん 大さじ1
◎ 砂糖 小さじ1(甘い梅干しなら不要)
◎ 片栗粉 大さじ1ちょい

そぎ切りにした鶏胸肉を塩麹で揉み込んで一晩置き、
◎を全部和えて揉み込み、シソで巻いて蓋して裏表焼く!以上です!
夏のさっぱり味です。

| お弁当 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。