たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たかが芋づる、されど芋づる

福岡のお姉さんから、謎の棒が送られてきました。

DSC_5703_20141022123258102.jpg

これは何かというと、「芋づる」だそうで。
「芋づる」とは、さつまいもの茎のことだそうです。
以前書いた「芋がら」は、里芋の茎。

みなさん、芋のつるってどんな味だと思います??
私は、固くスジばって、なんの味気もない棒のイメージです・・・。
噛み終わって味のしなくなったサトウキビの茎みたいな存在、というか。

戦時中泣く泣く食べていた悲しい粗末な食べ物、という印象が先行して、
手がなかなか伸びず2週間ほど野菜室で仮眠をとって頂いておりましたが、
このたび、意を決して調理してみることにしました。

ググってみますと、おやおやおや、
何だか好意的なレビューばかり飛び出てきます、
歯ごたえがいい!とか、クセがない、だとか。
まさか芋づる、おいしいのでは・・・。

下ごしらえを色々調べたところ、それはレシピによって千差万別で、
切って水に5分さらしたり、茹でて筋を取ってみたり、
はたまた茹でる前に筋を取ってみたり、
かと思いきや、洗うなり調理し出したり、
それはもう十人十色のやり方があるようでした。

ということで、おいしくなかったら次回はちゃんと筋とったりアクとったりしよう、
ということで、今回は 洗い! 切り!! 炒める!!!
という、非常に男らしい手順で下ごしらえをしました。
(つまり、下処理らしい下処理はなし。)

今回は、あまりおいしくなかった時のためにお肉はベンチ入り、
油揚げを用いて、きんぴら的なものをこしらえることにしました。

DSC_5727_2014102212330193f.jpg

結論 : 芋づるは、いける。

なんでしょうか、細いアスパラとも、にんにくの芽とも形容しがたいのですが、
シャキっとした歯ごたえ、そして噛むほどに感じる、かすかな甘み。
全然くせがありません、本当に食べやすい。
そして、調味料を意外にも吸うのです、この茎。
やります。やりますよ、芋づるは。

旦那さんが芋づるを束でかみしめて、
「ああっ!なぜかさつまいもの香りがする・・・!」
と感動しておりました。

一応レシピというか作り方を簡単に書きますと、
フライパンに胡麻油をひき、洗って切った芋づるをしばし炒め、
水をフライパンの底に広がる程度に投入、次いで酒、みりん、砂糖、醤油で味付け。
味が決まったら、油ぬきして水を切った油揚げをキッチンばさみで切り入れつつ、
水気がなくなるまで炒り煮にします。うまい。簡単。


さて、別の日の芋づる。
芋づるの株が急上昇、これは秋のアスパラガスとして利用できる、
無謀にも肉巻きなどに挑戦してみよう、
と思いましたが、急遽気が変わってせせりと炒め煮にして、
中華風あんかけに使ってみました。丼仕様です。

DSC_5856.jpg

うむ、なかなかにアリです。
木くらげと共に、歯ごたえ部門でいい仕事をこなしております。

これで芋づるも使い終わり、芋づる料理ともおさらば・・・
と思いましたが、子供が芋掘りをすることになり、
副産物的に出たつるを持ち帰ってきました。
ので、最後にもう一品。

板麩と、沼津の根方というとこで採れたらしき蒟蒻と共に、きんぴら風に。
お子が大丈夫なら、唐辛子をきかせたいとこですが・・・

DSC_5888.jpg

うーん。見た目が1品目とあまり変わらない上に、
絵面が地味な料理ではありますが・・・。
サブメニューとしては、なかなかいいんじゃないでしょうか。
激うまカンドーー!!ってほどではないですけれども。
かさ増し要員と位置づければ、十分すぎる働きぶりです。

しかしながら、ひとつ発見しました。
取れたての芋づるは、甘い。

みなさま、お買い求めください、とまでは申しませんが、
お子様のお芋掘りなど同席されましたあかつきには、
ぜひすみっこで芋のつるをもいで、芋と共にお持ち帰りくださいませ。

ちなみに、可食部はごんぶとのつる本体ではなく、
そこから派生している葉っぱの茎のとこです。
大つるから葉っぱを茎ごともぎ、葉っぱも取ってお召し上がりくださいませ。

いやー、わりとおいしい芋づるでしたけど、
さすがに一日3食、毎日毎日芋づるが食卓に出たら、
たしかに悲しい思い出になるかもなぁ・・・と思った秋の夜長でした。

スポンサーサイト

| 手作りごはん | 07:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シカクマメ

静岡県で発見、奇妙キテレツなお豆です。

DSC_5436.jpg

その名も、シカクマメ。はい。即買いです。

DSC_5437.jpg

このビラビラしたのの真ん中に軸があって、
中にちいさ~な豆がちびちびと入っています。

DSC_5834.jpg

レシピも、巷にあんまり出回っていません。
まずは、シンプルに茹でて温野菜としてサラダにしてみましょう。
軽くさっと茹でて・・・

DSC_5439.jpg

1品目
塩もみした玉ねぎ、ツナと和えて、
ポン酢+ラー油で頂きました。

DSC_5441.jpg

おおっ、けっこう豆に苦みがあります。
しかしこの歯ごたえ、クセになります。サクサクしています。
苦みと相まって、食べれば食べるほど手が伸びるという、不思議な豆です。

さて、1回では使い切らなかったので、後日別メニューを。
今度は炒め物にチャレンジです。
材料は、にんにく、なす、シカクマメ、ベーコン。

DSC_5445.jpg

にんにくを炒めて香りを出したあとベーコン投入、

DSC_5447.jpg

次の瞬間には出来上がっていますが、
シカクマメの茄子ベーコンにんにく炒めの出来上がりです。
味付けは、シンプルに醤油のみ。
ネーミングセンス皆無ですみません。
2品目、完成図~。

DSC_5452.jpg

おおっ。炒めものに合いますねー!
油と合うんですね、シカクマメは。

需要があるか全く分かりませんが、
また別の日のシカクマメをずらずらと並べていきましょう。
あれから、パルシステムでも無農薬のものが手に入るようになったのです。

3品目
えー、これはチンジャオロースのピーマンの代わりに。
斜め切りにして使ってみました。
我が家では久しぶりの牛肉です。
舞茸と牛肉って、なんでこんなに合うんでしょうねぇ・・・・・
これは、かなり大成功です。

DSC_5657_20141016115648a9e.jpg

4品目
これは、再び温野菜に。
オクラと一緒にさっと茹でて、玉ねぎドレッシングなどかけて食べます。
食感がにぎやかすぎるサラダです。
トゲトゲ、サクサク、ぬるぬる、つぶつぶ・・・。
でも、なかなかに食べやすいサラダです。

DSC_5689.jpg

5品目
さて、最後は再び炒め物に。
醤油麹に半日つけた砂肝とシカクマメ、長ねぎと一緒に、
醤油・オイスターソースで炒めました。
お子とかが大丈夫なら、豆板醤も合いますよ~

DSC_5839.jpg

シカクマメ、けっこう応用の利くやつですよ!
お見かけしましたら、ぜひお試しを。

| 手作りごはん | 07:04 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柿の皮酵母でパン作り

今まで、自家培養天然酵母のパン作りはとても興味はあるものの、
図書館でその本を読んでもチンプンカンプンだったので
あえてトライはしていませんでした。

が、ある日頂き物の無農薬柿の皮をむいているときに、
あまりにも熟しすぎていたので、これもしや酵母にしたらえんーでない?
と思い立ち、やってみる事にしました。

DSC_5621.jpg

が、今からやるのは柿の皮だけを使ったパン作りです。
しかも、明らかに糖分が足りなそうなのに、いきなりストレート法で。
(中種法という方法もあるのですが、毎日少しずつ小麦粉を足していって
かき混ぜたりなんだりと、面倒を見ないといけない)

ストレート法は、果物(+糖分)に水を注ぎ、泡がぶくぶく出てきたら、
パンを作るときにその水分をそのまま使って、
イースト菌の代わりにパンを膨らまして貰おう!という、至ってシンプルなもの。

廃棄物である果物の皮を使って、簡単にパンが膨らむなんて
都合のいいことが起きたら、最高じゃないですか・・・??
ちなみに、パン作りの先生からは、
「柿の皮なら中種を作ってやったほうがいいと思う」と
事前忠告を頂いております。

さて、どうなるかお楽しみ・・・

  ・ 
  ・
  ・

まず、柿の皮で酵母づくりです。

瓶を煮沸消毒したのちに(私は2cmほど水を入れて沸くまでレンジでチン)、
柿、小3つ分の皮を瓶に入れ、砂糖を小さじ1、水を皮より多めに注ぎます。
瓶を振って、放置。
気が向いたときに、瓶の蓋を開けます・・・

DSC_5685.jpg

さて、仕込みから3日後、結構元気に泡が出てきました。
開けるとプシュッ、とは言いませんが、活発な感じ。
上に泡も出来ています。
開封して2時間くらい経ったビールくらいにはなっているのではないでしょうか。
瓶からピゥ~~~ピェェ~~~~~という、情けない空気の漏れる音がしきりにします。

DSC_5706.jpg

前回、お試しで酵母作りだけやってみた時は、
4日目くらいから急激に元気がなくなってきたので、
3日目の夜、深夜1時ですが、唐突にパン作りを開始しました。

柿の皮酵母、瓶の蓋を開けると、EM菌の匂いがする・・・・・。
もともと柿自体香りが強い方ではないですが、、、柿の香りは、どこへ??
ストレート法は、酵母の味や香りが活かせるのが長所!と聞きかじりましたが、
EM菌の香り、い、活かしちゃう・・・??

さて、備忘録ですが配合をば

● 強力粉 200g
● 塩 3g
● 砂糖 10g
● 漉した酵母水 130g

10分弱、手ごねします。
最初べた付きますが、最後の方はなんかまとまってくれます。
お前も分かってくれたか。

DSC_5707.jpg

元気のいい酵母は、蓋を開けるとあふれ出たりするそうですが、
まあ柿の皮ですしね、まあぼちぼちなものです。
それなのにストレート法でやろうというのだから、
まあ多分膨らまないでしょう。
と先に言い訳をして、ブログでここまでを書き、就寝。
  ・
  ・
  ・
さあ、朝です!(6時間後)
どうなの?

DSC_5709.jpg

やや膨らみ。というか、少しダレただけ・・・?うん??
いやまあ、想定の範囲内です。
というか、若干でも大きくなる気概が見えただけ、意外というか。
せっかくお日様が出てきたので、ぬくい所に置いてもう少し時間を見ました。

12時間後。

DSC_5724.jpg

おお、膨らんでる。
でも、2倍には満たない感じ。うう~ん、どうしよう。
が、この日は美容室の予約があったり、三島バルというイベントが控えていたりで、
二次発酵を強制敢行することにしました。
正体がはっきりしていない酵母なので、あんまり放っておいても雑菌も繁殖しそうですし・・・。

というわけで、分割・形成。
どういうわけか、めちゃくちゃベタつきました。
手粉をつけて、なんとか形に。
12時間のお昼寝中に、お前、何があった・・・。

DSC_5725.jpg

ああ~、何だかヨーグルトの香りがします~。。。
決して悪臭ではないんですが、なぜにヨーグルト、という感じ・・・。
二次発酵開始しましたが、あとの予定の関係上、2時間で終了。
明らかに膨らんでいませんが、仕方ない。
210度で15分、焼きます。

・・・焼けました。

DSC_5726.jpg

見た目は膨みの足りないパン、です。
しかし、このパンを焼いているとき、いつもの
「わぁ~っ、パンの焼けるいいにお~い(ハート)」ってやつが、皆無でした。
オーブンから漂う、不審なヨーグルト臭・・・。
こんなにオーブンを開けるときにテンションの上がらないパン焼きは、初めてです。

さあ、味見をしてみよう、さあ。
焼きたてを切ります。かじります。
か。固い。
あ、甘酸っぱい・・・。

取り合えず、このあとの予定がつかえているので、味見は終了、
後日子どもと外へ行ったとき、お弁当代わりに持って行きました
(外で食べることでの味補正を期待)。
断面図、見てみますか?ぱかっ(実際は、べり、べりべり。固い)。

20141022122459eb2.jpg

気泡は多少あるので、酵母さんが空気を吐き出してくれてたことに、
間違いはないんでしょうね。

20141022122442550.jpg

で、具大的にどんな味かと言うと、クランベリーみたいな感じです。
果物の甘酸っぱさが生地全体にあるパン、というか。
まずくはないんだけど、お代わりしたいかと聞かれると、
No Thank Youな感じというか。

まあ、全体的な総評を言うと、発酵不足のパンでした。
時間を一次発酵にも二次発酵にももう少し取れば、多少はましになったのか、
そもそも皮でストレート法が無謀だったのか・・・
なにせ、面白い実験でした。

このパンを食べているときに、半分こね(全部で6個)、
と言ったのですが、子供が「わたしはもっと食べたい、4つたべたい。」というので、
内心小躍りしたのは、秘密です。
いや、助かったとか思ってませんよ・・・????

| 手作り天然酵母 | 08:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドのお土産、紅茶

一番古くからの友人は、小学三年生からの付き合いなのですが、
彼女は世界津々浦々、毎年一人で旅行に行くので、
土産話が毎回本当に楽しみです。

この間は北欧に行ったとき、船の公式キャラクターであるムーミンに抱きつき、
近くにいたミーに写真を撮らせたそうで。
つわものよ・・・。

先日はインドへ行ったとかで、お土産を頂きました。

DSC_4826.jpg

おティーです。
袋がしゃれとんしゃー。
何を入れるか特に予定はありませんが、かわいいので取っておきます。
3歳児が妙に欲しがりますが、やらん。やらんぞ。

DSC_4829.jpg

中身はこのような。
「オーガニックティーショップ」って書いてあります。
この紅茶、もしかしてオーガニックなのかな?うれぴー

茶葉はこげなかんじ、意外と緑がかっています。

20141016111357b55.jpg

さぁ、沸騰した湯に茶葉を投げ込んで、ムラムラ蒸らします。
インドの茶葉、わくわく!
・・・と思ったのですが、考えてみたら紅茶って
大体向こうの方からの輸入が多いんですよね。
(1位 スリランカ、2位 インド、3位 シンガポール。2000年データ。日本紅茶協会HPより)

でも、知り合いが現地で手に入れた茶葉が、
日本の静岡県の一家庭の台所まで辿り着いたとなると、
我が家に留学生をはるばるお迎えしたようで、非常に感慨深いものがあります。
おおお。ようこそおいでなすった。。。

DSC_5695.jpg

お味はというと、ハッキリとした茶葉の味がします。
(濃かった・・・?)

最近国産の紅茶を見かけますが、ああいう感じの野趣溢れた味わいというか。
私はあまりリプトンとか洒落たのを頂かないので、
なんだかこの留学生、初めてお会いした気がしません。
うーん、これはおいしい。
ケーキとかより、大福と合いそうなお茶です。

いつもおいしいお土産をありがとう!
しばらくはこの留学生と、仲良くやっていきたいと思います。
ごちそうさまでした!

| いただきもの | 09:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十万石饅頭

うまい、うますぎる、十万石饅頭。
これを読んで 「???」 とならなかったあなた、
さては埼玉県民ですね?

埼玉育ちの私が、東京に進学したとき、
「うまい、うますぎる、十万石饅頭」が
級友に全く通用しなかったのに、
超・衝撃を覚えたのは何年前のことでしょうか・・・。

あれって、全国区じゃないんですねぇ。
当然のことながら、みんな知っていると思ってました。
埼玉県民ならほぼみんなが知って居るであろう、
超・有名CMの「十万石饅頭」、実はまだ食べたことがありません。

そんな十万石饅頭、現役埼玉県民の姉が、
静岡にお土産として持ってきてくれました。
姉もこの年になるまで、十万石饅頭を食べたことはなかったそうで・・。

DSC_5471_20140926120108015.jpg

左がかの有名な十万石饅頭、右ははにわさぶれ。
うおおぉ!めっちゃかわいい!!
小さい頃、はに丸が大好きだった私にはたまらんお菓子です。
さすが我が姉、 素晴らしきチョイス。

初めて見る、十万石饅頭・・・。

DSC_5474.jpg

原料も、シンプルでよいですねー!

201409261232153d6.jpg

お味はといと、あんまりふかふかしていない、
しっとりめの生地のかるかん饅頭のようです。
山芋の香りがきつすぎずフワッとします。
餡はこしあんです、さっぱりめのあんこ。
うまい、うますぎる・・・。

いや、これほんとおいしいですよ・・・。
もっとガワが厚ければ、もっと私好みなんですが、
旦那さんはこれくらいが丁度良いとのこと。
かるかん饅頭が好きな人なら、きっと気に入ってもらえるはず。
九州に行かなくても、埼玉にかるかんはあったんやー!!
はーおいしかった。

さて、お次はCMさえされていない、同社の「はにわサブレ」。

DSC_5476_2014092710494324c.jpg

ギャー!どうですか、この虚無感に溢れた表情、ポーズ。
はーかわいいかわいい。

お味は、鳩サブレのようなさっくり軽い味わいかと思いきや、
意外や意外、ざっくりした歯ごたえのあるサブレです。ボリンボリンします。
甘さは控えめで、卵の香りがするような・・・。
全粒粉でも入っているのかな~、と思ったのですが、
原料を見るだに、ちょっとそこは不明です。

無題

これも原料はシンプルで、いいですね!
形も味もなかなかなサブレです。
十万石ふくさやさん、埼玉のお土産には非常におすすめです。
ごちそうさまでした!


株式会社 十万石ふくさや
HPに店舗情報もありますが、電話注文などもできるみたいです。

| いただきもの | 11:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胃痙攣とガーデンハウス

唐突ですが、私のブログに来てくださっている方って、
男の方が多いんでしょうか・・・?
男の人、手ぇ~あげて・・・??(恐る恐る)

カテゴリーがかなりブレブレの、珍妙な野菜発見ブログみたいになってますが、
女性も男性も、覗いて下さって本当にうれしいです。
上の文だけ見ると、変態みたいですけれども。

いやー、みなさんどうしてこのブログを見てくださってるんでしょう??ほんとに。
チラ見のあなたも、常連さんのあなたも、コメントをいつも下さるあなたも、
ありがとうございます、ありがとうございます。
みなさまのおかげで、細々と続いております。

DSC_5412.jpg

と、特に意味もなく、大好きな鮮魚の写真を貼っておきます。
三島に来ても、福岡近辺のお魚が揃っていたので、感動してつい・・・。


・・・さて、そんなこんなで今日は、健康ネタです。
先に申し上げますと、ちょっと長いです。
カテゴリーが「普通の日常」に分類されていますが、
まったく普通の日常の出来事ではありません。

この間の三連休、人生初の「胃痙攣」を経験しました。
原因は、不明です。
心当たりはいくつくかありまして、

1.つまみを殆ど食べずに、長時間多量のお酒を飲み過ぎた

2.そのあと、深夜1時過ぎにもかかわらず、
  実家の父がうれしそうに出すカップヌードルを完食した

3.深夜2時近いのに、更に実家の父がうれしそうに出すナッツをむさぼった

4.翌朝、胃がかなりおかしい雰囲気だったのに、
  実家の母がうれしそうに出す大盛り栗ごはんetcを完食した

5.胃がバンバンだったのに、更に更に
  実家の母がうれしそうに出すロールケーキとせんべいをを完食した

6.胃薬を飲んだが、その後友人が展示会をするので鎌倉へ、
  友人おすすめのお店へ行って、ビール、つまみ、ピザなどたらふく食べた  

うん?食べ過ぎか?

うーん。でも、昔はこれぐらいの無茶、普通にやっていたんですけどね・・。
年を取ったのでしょうか・・・。

昔働いていた職場で、同じ部署だった同期と先輩が
ついに結婚したということで、東京へ行ってきて飲んだのですが、
若いときに仲が良かった人たちと飲むと、飲み方も若返ります・・・。

201410161619261a2.jpg

久しぶりの再会となった上司や、ツーリング仲間、営業で頑張ったみんなと会って喋って、
ビール瓶片手にずーーーーっとビールだけひたすらモリモリ飲んでました。
つまみという存在は、完全に失念しておりました・・・。

鎌倉も、友人おすすめのガーデンハウスという所へ行ったのですが、
鎌倉ハムとか、

20141016164909104.jpg

レバーパテとか、

201410161650321cc.jpg

自然栽培じゃがいものフライとか、

20141016164959a58.jpg

ピザとか、

20141016165117272.jpg

ピザその2とか、

201410161715108ed.jpg

食べ物に自制がきかないところは、本当に猛省するばかりです・・・。
この時点で胃はかなりおかしかったんですが(それでもまだビールを飲んだ)、
目の前にこれがお出ましだったものですから、、、つい、、、出来心で・・・。
ガーデンハウス、胃が痛くてもおいしかったです。雰囲気もしゃれとんしゃーでした。
元気な時に行きたかったわ・・・。


いやっ、本当に苦しかったのです、この胃疾患。
お昼を食べて数時間後、気持ち悪く、かつ猛烈に胃が痛くなってきました。
痛すぎて、喋れません、歩けません。
脳裏に 救・急・車 の文字がよぎりますが、
こんな自業自得な事に使ったらバチが当たります。

自宅にやっとの思いで着きましたが、もう横になっていないとやっていられません。
夕飯を作るという行為を完全放棄、旦那さんにすべてやって貰いました。
その間にも続く、みぞおちをエグるような痛み。
断続的に、間隔をあけて襲いかかってきます、
その間はうぅーーーっ!とうめき声を上げて縮こまることしかできません。

その合間にインターネットで調べますと、この症状、もしや十二指腸潰瘍では・・・?
か、かいよう・・・だと??

太田胃散はまったく効かず、続けて飲むわけにもいかないので
コップ1杯に重曹を小さじ1ほど溶かした水を少しずつ飲み、
胃酸を中和したりしました。
そうすると、気持ち症状が和らぐような・・・。

もう夜間は地獄です、空腹になって胃酸が多く出てきたせいか、
少し間を開けては、胃が絞り袋になったかのごとく、
ギュウゥ~~っと握りつぶされるような痛みが延々続くのです・・・。
お腹が減ったときに胃が動きますが、
あれを70倍くらい増強した胃の動きと申しましょうか・・・。

スーパーの袋が空っぽになったら、
袋をシューッと手でしごいて、くるっと結ぶでしょう?
あれを自分の胃で、超・マッチョな男に本気でされたら、
あんな痛みになるんじゃないでしょうか。

そして時折マッチョ男がオイサー!と力を込めるのか、
いきなり急激な吐き気が襲ってきたりします。
実際は出ませんでしたが、なんぼトイレの床で寝てやろうと思ったか。
本能的に、これは胃けいれんだな、と思いました。

夜おちおち痛みで寝ることも出来ず、
翌朝休日診療に出かけていきました。
専門医の方ではなかったですが、お医者さん曰く
「多分胃潰瘍ではないが、よく分からない。そんな風に痛くなるんですね・・・。」

お薬を貰い、痛さの合間に歩いては止まり、歩いては止まりを繰り返して
薬局で薬を受領、その場で薬を飲ませてもらいました。
が、効かない。効かぬのだ、トキよ・・・。

胃酸を中和する薬やらの他に、痛い!という時に特別飲む薬も飲んだのですが、
まっったく効きません。
お医者さんに、ごはん、食べたら?と言われたのでごはんを食べましたが、
少しでも空腹になると、途端にマッチョ男が(以下略)

これが翌日のお昼頃まで続きましたが、だんだんよくなってきました。
少しずつ、夜もまとまって睡眠が取れるようになってきました。
よかったぁ・・・・・。

せっかくの連休でしたが、家事も何も出来ず寝たきり、
全部旦那さんがやってくれました。
子どもは私に毛布をかけたり剥がしたり、上に乗ったり本を読み聞かせしてくれたり、
みなさまには本当にお世話になりました・・・。

連休明け、近所の消化器を見てくれる病院になんとか行ってきました。
やはり病名は胃潰瘍ではない?ビールだけではならないのでは?だそうですが、
あの苦しみは胃痙攣に間違いないとのこと。

発症から6日ほど経って、胃の痛みはなくなったものの、
飲み過ぎた翌日のような、珈琲を飲み過ぎたあとのような、
荒涼とした風景を感じさせる胃の感覚が、未だにあります・・・。

姉の旦那さん曰く、「胃けいれんはクセになる」(旦那さんは胃痙攣の常連)んだそうで、
わたくし、もうガクブルです。
ただ、私の悪いところが喉元過ぎれば何とやら・・・なので、
この日の苦しみを忘れずに、お酒はつまみを食べながら、
ほどほどのペースでたくさん飲みたいと思います。

20141016161903149.jpg

この灯りのどこかに、胃潰瘍なのに働くビジネスマンがいると思うと、
胸が熱くなります・・・。
みんな、養生してください・・・!

| 普通の日常 | 06:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天国への階段

昨日の西の空。
秋空は日本の四季の中で、一番表情豊かで、
日本人の心に訴えかけてくる、寂しさがある気がします。

無題1

仙人さまがそのまま天界に帰ってしまいそうな、とても神秘的な雲でした。

DSC_5697.jpg

| 普通の日常 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やましょう酒店

⇒ その他、三島、長泉町、沼津周辺で無農薬野菜をお探しの方は
  「オーガニックな店」カテゴリーをどうぞ


今回は、無農薬野菜が買えるお店ではないんですが、
かなり製法にこだわった調味料各種、
お酒を取りそろえているお店の紹介です。

伊豆仁田駅近く、国道136号線沿いにあるお店
やましょう酒店さんです。

DSC_4269.jpg

以前東京に住んでいたとき、このお店のネットショップから
無農薬の原料を使った調味料を取り寄せていたのですが、
こっちに越してきて近くに実店舗があることを知り、本当にたまげました。

DSC_4268.jpg

ネットショップをご覧頂いたら分かるんですが、
お店の方は本当に知識が豊富で、熱意もあるすごい人でした。
ただのお酒好きの人も、お店に行ったら
面白いお酒があるので、楽しいと思いますよ・・・
例えばこんなのとか・・・

発芽玄米酒 「むすび」

DSC_3065.jpg

好き嫌いが、かなりハッキリ分かれる味だと思います。
無農薬米のコシヒカリ、無農薬古代米の赤ひばりというお米を使っているそうです。
味は、豆乳を、米のとぎ汁で発酵させてヨーグルトにしたときの味に似ている・・・。
私は発酵食品大スキーなので、この酸っぱ臭い感じが好きなのですが、
旦那さんは一口以上飲めませんでした。

でも、なんか体にいいらしいですよ。
やましょう酒店さんのHPで解説があります ⇒

これだけじゃなくて、無農薬の醤油や味醂、
作り方のバックグラウンドを聞いたら
思わず買いたくなってしまうような逸品ばかり取り揃えてあります。
とっても良いお店です!


やましょう酒店
〒419-0124
静岡県田方郡函南町塚本147-2
Tel : 055-978-8921
営業時間:AM10:00~PM8:00
定休日:毎週日曜日

| オーガニックな店 | 10:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デコポンゼリー

旦那さんが、お客さんから頂きました。
熊本の、デコポンゼリーです。

DSC_4210.jpg

白いパッケージに、くまモンが映える!

DSC_4211.jpg

食べてみると、デコポンがごろんごろん入っていて、
なかなか食べ応えがあります!
ちょっと甘いけど、凍らせて食べると大変美味だそうです(旦那さん談)。

DSC_4820.jpg

ご当地の贈り物を、どうもありがとうございました!

| いただきもの | 08:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お弁当と里山遊び 9月

いつもの、里山遊びイベントに行って参りました。
大変残念ですが、今回でこの里山遊びは終了です。

もともと春夏半期の募集で、秋冬もあるのですが、
前期があまりに人気で定員の3倍近い募集があったため、
後期はその抽選に漏れた人を優先的に入れるとのこと。

残念ですが、あの楽しさは沢山の人に知ってもらいたいと思うので、
納得の措置でございます。
また来年、応募するぞう!


・・・といわけで、今回の里山の活動をざざざっと。
里山はすっかり秋の気配になっていました。
お彼岸に律儀に咲くと評判の彼岸花。
スマホのカメラだと、あの鮮やかな朱色がなかなか出ません・・・。

DSC_0864.jpg

子どもはというと、大好物の栗を拾い、興奮。
今日はくりごはんにしようね!とずっと言っています。分かったというに。
お花なども時々摘んでみます。
が、、花より団子派。
圧倒的な団子派です、この人。

DSC_0827.jpg

こんな拾いました。
あっ、バッタさん、こんな日の高いうちからいけません・・・。

DSC_0831.jpg

秋です。数珠玉できてます。

DSC_0860.jpg

何度撮ってもピントが合わなかったんですが、
6月に咲いていたネムの花に、実が出来てました。
豆科だったのね!

DSC_0861.jpg

これも細すぎてピントがあわないっ!
この植物、ネーミングセンスが秀逸なのです・・・
上から見ると赤色ですが、

DSC_0863.jpg

後ろから見ると白っぽい。
そこで昔の人は名付けました、「水引」と。

水引

昔の人はなんて風流なんでしょう、
私だったら、赤粒草とかそんなレベルで名前付けてると思います。

さて少し散策が済んだら、いつものおやつタイムです。
今回はお彼岸にちなみ、おはぎを頂きました!
おいしい~。
ちなみに私は、あんこより中の餅米が、大好きです。

DSC_0833.jpg

おやつタイムが終わったら、畑仕事をします。
今回は、落花生の収穫体験です。
腰入ってます。

DSC_0838.jpg

スタッフさんがしていた落花生もぎりを見て、
やってみたいと自主参加。
何に興味を示すか、よくツボがわかりません。

DSC_0839.jpg

これも毎回やりたがる、水やり。
上達しました。
前は、真っ逆さまにひっくり返してたのですが。

DSC_0844.jpg

畑仕事が済んだら、いつも行かない場所まで
みんなで探検することになりました。
この里山は近くに小川も流れていて、いい気持ちです。

DSC_0842.jpg

なんと、ガマの穂発見!
小さい頃絵本で見た、「いなばのしろうさぎ」に出てくるアレです。
超・感動。
うさぎが毛皮を剥がれた背中に、この穂をほぐしたものを塗ってキズを治すんですよね・・・
子供心に、仙豆に近しい憧れがありました。

DSC_0847.jpg

里山では、棚田の刈り入れが終わっていました。
日本の原風景という感じで、ほっとします・・・

無題

食いしん坊、米粒の存在に食いつきます。
お米だ、お米だ

DSC_0848.jpg

池のほとりで、収穫した栗を洗うの図。
妖怪あずき洗い。
おいおい、殆どの栗が水に浮いてるじゃないか・・・。
(浮いた栗は虫食いなので食べられない)

DSC_0854.jpg

探検が一通り済んだら、やっとこごはんタイムです。
実はお弁当持って行かなきゃいけないのをすっかり忘れていて、
朝お米がなかったので、メニューは冷やし中華となりました。

DSC_0865.jpg

具も、王道のトマトとかきゅうりとか全くなかったので、
塩もみ玉ねぎ・シカクマメ・わかめ・卵という適当さ。
でも、けっこうおいしかったです。

して食後は本を読んでもらい、
最後は畑でとった野菜と、竹に刺した秋の草花をお土産に頂き
解散となりました。
すごい腰が入っていますが、、

DSC_0870.jpg

半年間、本当に親子共々楽しませて頂きました。
子どもも自然に興味が湧いたようだし、
大事な時期に貴重な体験を沢山させてもらいました。
スタッフのみなさん、本当にどうもありがとうございました!

| 普通の育児 | 12:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。