たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トマト缶でミートソース

パルシステム(生協)で、「こんせん君」という牛のキャラクターがいて、大好きです。


DSC_5653.jpg

というか、牛全般が大好きです。
お茶碗の絵付けに赤べこを書いちゃうぐらい。

で、パルシステムで牛乳とチーズを購入すると、
こんせん君のグラタン皿が当たる、というので
一年に一度買うか買わないかの牛乳を、
まんまと策略に乗せられて買いました。

牛乳と言えば、コーンスープです。
コーンスープを作るとしたら、さて、おかずは。
それは決まっています。
ミートソーススパゲティ。

実家ではミートソーススパゲティの日はコーンスープ、
という不文律があって、それが体に組み込まれている私は、
その組み合わせ以外が思い浮かびません。

というわけで、いつもながら前置きが長くなりましたが、
ミートソースを手作りしました。

ところが我が家は現在トマトケチャップが欠品中、
ソースも品薄中。
セロリとか、そんなしゃれた野菜もありません。

ということで、至極シンプルな材料でミートソースをこしらえました。
これが意外にも割と本格的な味、簡単、おいしい。
だったので、備忘録として配合と手順を書いておきます。



 トマト缶でミートソース 
材料(3~4人分)
● 牛挽肉 250g (挽肉ならなんでもいいと思う、多分)
● 玉ねぎ 中2個
● 人参 1/3本
● にんにく 2かけ

● トマト缶(140g) ×2
● クレイジーソルト
● 洋風だし(コンソメ)
● お好みでオールスパイスとかローリエとか

コクが欲しければ、仕上げにケチャップやらソースやら、
味を見ながらどうぞ。


1.野菜を全部みじん切り。

2.オリーブオイルを大さじ2~3ひいて、玉ねぎを揚げ焼きするようにして飴色っぽく炒める。
  油が多ければ、そんな頻繁にかき混ぜなくても大丈夫。
  飴色手前くらいになったら人参、にんにくも投入。

3.しんなりしたら、牛挽肉投入。
  火が通ってパラパラになったら、味見しておいしいなぁ~
  という程度にクレイジーソルトをかける。混ぜる。
  コンソメも投入。胡椒も入れよう。お好みでオールスパイスなど。

4.トマト缶投入。
  水分が飛んで、とろみがつく程度まで、蓋をして煮込む。(15分~)
  時々蓋を開けてかき回す。
  最後に、塩・胡椒(スパイス感が欲しかったらクレイジーソルト追加で)で味を調える。
  パスタにかけるので、味見して少し味濃いめの方が良いかと。

DSC_5630.jpg

  とろみは、私はこの程度くらいまで。
  半日くらい寝かすと、味が馴染んでよりいい感じに。

玉ねぎにしっかり熱を通すことと、
トマト缶をしっかり煮込むことで、酸味が飛んで、
不思議と自然な甘さのソースが出来ます。
クレイジーソルトがいい仕事してます。


さぁ、ソースが出来たところで、ミートソーススパゲティにします!
以前ためしてガッテンでパスタの極意を見てから、
我が家では麺を固ゆでにして、別の鍋で火にかけたソースの所に移し、
麺がアルデンテの堅さになるまで和える、という手法を使っています。

できたー

DSC_5632.jpg

あっさり目のミートスパゲティです。
ここで砂糖の入ったケチャップやソースが仕上げに加わると、
きっともっとコクのある味わいになるはずです。
ま、我が家は只今欠品中だったもので・・・。

そして予定通り、コーンスープを付け合わせに。
我が家には珍しく洋食スタイルです。
旦那さんが、こんな時にはグラスを出そう!とグラスを出してきました。
中身はいつも通りビールですけど。

DSC_5639.jpg

麺は1.6mmでしたが、旦那さんはお気に召したようでした。

DSC_5640.jpg


さて別の日は、ごはんに残りのミートソース、チーズをかけてトースターでチン。
なんちゃってドリアです。
ドリアってなに??(食べたことがないので、イメージ)

DSC_5652.jpg

これはねー、うんまいです。
むしろ、スパゲティより合うのではないかという噂も。
たまには洋食もいいですねぇ。
ごちそうさまでした!

スポンサーサイト

| 手作りごはん | 08:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無印タイマー

画像を載せられない話なのですが・・・
「ソニータイマー」ってありますよね?

「ソニー製品はメーカー保証期間終了直後に故障が頻発する」
という噂から生まれた、
「ソニーはその高い技術力を使い、決まった時期に故障が起こるよう
精密に製品寿命をコントロールしている」という都市伝説。
(引用 : Wikipediaより)

旦那さんが、ある時期にまとめて無印良品のぱんつ(トランクス)を
購入したんですが、最近タイマーが発動したのです。

ある日、パンツのゴムが通してあるウエスト部分がべり!
と裂けたので、おおー限界かー今までありがとう~と言って、廃棄しました。

その翌日、また別の無印パンツが、同じくウエスト部分の分裂にて廃棄に。

ん?と思っている間に、あれよあれよ、旦那さんのパンツコーナーの
70%を占めていた無印トランクスが、軒並みやれ裾が破けただなんだと、
一気に使い物にならなくなりました。

そして先週、旦那さんが帰ってくるなり、
「このパンツはもう駄目だよぉ~」といって見せてきたのは
やはり無印パンツ、もも部分がべりっと破けています、、、
と思ったら、かがんだ瞬間、おしり部分が豪快に縦に割れました!
もうびんぼっちゃま状態です。ああ、家でよかった。

気がついたら、無印パンツがここ1週間くらいで、一気に全滅しました。
パンツコーナーに同じ柄のパンツがはびこりすぎて
(なぜ同じ柄だけをを買い占めた・・・)と毎日心の中で嘆いていたのに、
がらんどうですよ、がらんどう。 みんないなくなっちゃった。
なんだか寂しい気までしてくるから、不思議です。

無印タイマーの話はここでおしまいですが・・・
画像がないのもさみしいので。
パンツパンツ連呼して、失礼しました。

DSC_6007.jpg

| 普通の日常 | 08:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自然食品の舗 ヨシダ

⇒ その他、三島、長泉町、沼津周辺で無農薬野菜をお探しの方は
  「オーガニックな店」カテゴリーをどうぞ


今日のオーガニックのお店紹介は、
三島広小路駅からわりと近い、「自然食品の舗 ヨシダ」さんです。

20141017004653dfc.jpg

なかなかの老舗の雰囲気ですが、品揃えは結構厚いです。
まずは入ってすぐのところに、無農薬野菜があります!
今日はちょっと売れてしまったみたいで、品薄です。
三島市の御園の方の畑で採れた物などが並ぶそうです。
えっと、調べましたら、大場駅と伊豆仁田駅の間くらいの場所ですね。

20141017004742f00.jpg

その他の商品は、ムソー、オオサワのものなどがたくさん。
調味料から粉類、乾物など、色々揃っています。
乾燥椎茸は島根のもの、キクラゲは九州産のものが取り揃えてあったり、
幅広く色々気にされて、カバーしてくださっているみたいです。
これは素晴らしいお店だぁ・・・

お店の方も、とても柔らかで親切な方でした。
オーサワとムソーのものなら、お取り寄せもOKだそうです!

20141017004858405.jpg

ベジタリアンの人もOKな、ソイミートの類や、
車麩なんかもばっちりありました。
そういうのをお探しの方、大変おすすめなお店です!


自然食品の舗 ヨシダ
静岡県三島市緑町3-2
0559-75-0643
営業時間  08:00~ 20:00

| オーガニックな店 | 09:46 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆乳ヨーグルトの作り方

乳酸菌は体にいい、と聞くので、できるだけ摂取したいと思っています。
乳酸菌の代表選手と言えば、ぬか漬けやヨーグルトなどが思い浮かぶのですが、
乳製品が体にいいかどうかは諸説あるようで、
今は積極的には取らずにいようかな、というのが我が家の方針です。

ところが結婚する前までは、実家でヨーグルトを毎朝食べていたので、
クセで無性に食べたくなる時があります。
そんなときに渡りに船、福岡にいた頃、
豆乳でヨーグルトを作れる、ということを教えてもらいました。

方法としては、米のとぎ汁に黒糖・粗塩を入れたものを1週間ほどおき、
泡が出てきたものを少量豆乳に混ぜ、放っておくというもの。
たしかに豆乳が固まり、おおっ!ほんとにできた!と感動したのですが、
いざ、これを食べてみると、、・・・・激マズなのです。
なんとも味わったことのない、謎の匂い、そして酸味・・・・。

しばらく食べていたら慣れてきたのですが、
ある日旦那さんに試食させたところ、滅多に文句を言わない男が、
「こ・・・これは、食べ物ではない・・・・・。」
と苦しみだしたので、そのまま豆乳ヨーグルト作りはお蔵入りしてしまいました。

で、前置きが非常に長くなりましたが、
最近、また豆乳ヨーグルト作りを再開しました。
今度は作戦変更して、種菌を、市販のものからいただくという寸法です!

お世話になるのはこちら。

DSC_4582.jpg

長野県の伝統的な発酵食品である「すんき漬け」
の乳酸菌を使って、発酵させているんだそうです。

煮沸消毒などをした容器に、大さじ3~4くらいの豆乳ヨーグルトを入れ、
豆乳を800cc~1000ccくらいまで入れ、固まるまで常温で放置。

DSC_4908.jpg

この豆乳ヨーグルトを種にすると、真夏の常温で
20時間前後でトロッとなり、完成しました。
完成したら、冷蔵庫に保管します。

DSC_4909.jpg

味はというと、米のとぎ汁ヨーグルトに比べれば、全く問題ありません!
この元種のヨーグルトに近しい味がします。
食べやすい、クセのない湯葉のような味というか・・・。

永久機関にすべく、できあがったらすぐに煮沸消毒した容器に
大さじ3~4杯、取り分けておきます。

DSC_4915.jpg

と言っても、煮沸消毒は面倒くさいので、瓶に2cmほど水を入れて
水が湧くまで1分半ほどチンするだけです。
その湧いたお湯は瓶の蓋、使用するスプーンにかけておきます。
瓶の粗熱が取れてから元種を入れ、冷凍庫に保管しておきます。

次回作るときにこれを解凍して、
また豆乳を注げば、新たなる豆乳ヨーグルトの出来上がりです。

・・・と書きながら、私はヨーグルトの保存容器も元種容器も
まったく煮沸消毒しなかったので、4回ほどこれを繰り返したら、
だんだん雑味が増えてきて、あまりおいしくなくなってきたので、
新たなる元種を購入しました。
今度はまじめにやろう・・・。

次なる乳酸菌は、こちら。

DSC_5354.jpg

なんと、乳製品のヨーグルトからでも、
豆乳ヨーグルトを発酵させてることは可能と聞きまして。
さっそく試してみました。

こちらは、少し涼しくなった9月の陽気とはいえ、
半日で発酵が完了しました!
仕事が早い!

肝心の味ですが、すんき漬けヨーグルトの方と、そこまで大きな差はありません。
豆乳がお嫌いでなければ、きっとおいしく食べらるのではないでしょうか。
旦那さんも、「余裕。」と言っていました。

DSC_5475.jpg

ただ、これも4回目にして、雑味が急に増えておいしくなくなりました。
容器の消毒がお粗末すぎたのか、涼しくなってきて発酵時間が増えたために
乳酸菌より雑菌の方が早く繁殖してしまったのか??
要因はいくつか考えられますが、今度はぬるま湯につけるなりして、
発酵時間を早めてみようかと思います。

豆乳ヨーグルトの、粉末状になった菌を売っていますが、
あれだと結構高くつくので、興味があるけどどんな味なのん?
と思われる方は、まずは気軽にそこらへんの乳製品ヨーグルトから
増やしてみてはいかがでしょうか。
かなり、楽ちんです。

色々調べていたときに、玄米をただ豆乳の中に沈めておくだけで
豆乳ヨーグルトができる、というのを目にしたので、
気が向いたらまた実験してみようかと・・・いや・・・どうしよう・・・。

| 手作りおやつ | 09:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そうめんかぼちゃ、又の名を金糸瓜

最近我が家の三歳児が、本題を喋る前に
「えーと、アレよアレ」と考えながら言うので、力が抜けるハハです。
まんま、私の口癖です。

さて、時期的には夏になりますが、
福岡のお姉さんから、また変わったお野菜を頂きました!
「そうめんかぼちゃ」というものです。

DSC_5207.jpg

なんとこの野菜、茹でると繊維がほぐれて、そうめん状になるんだとか・・・。
楽しみすぎて、なかなか料理できません。
結局、届いてから常温で1ヶ月ほどそこらへんに転がしておきましたが、
ついに料理することにしました。
下ごしらえを以下、羅列してみます。

さて、さっそくカットします。
3センチほどの輪切りにします。
断面図はこのような。

DSC_5211.jpg

なかなか主張のある、ワタと種です。
むしるとサクサクします。
ああ、これがどうやったらそうめんになっちゃうんだよぉ・・・

さて、湯を沸かして輪切りにしたやつらを茹でます。
おっと、鍋の選択を大幅に間違えたようだぜ・・・

DSC_5212.jpg

透き通るまで、茹でます。5~10分といったところでしょうか。
茹でたら冷水に上げておきます。

DSC_5214.jpg

ああっっ!!
そうめんの予兆を感じますよ!?
これですね!?!?

DSC_5215.jpg

職人が乱入です。また裸体です。
フォークで、実を掻き出します。
この作業、めちゃめちゃ楽しいです。
職人に職を横取りされて、正直悔しいです。

DSC_5219.jpg

実を掻き出し終わったら、繊維をほぐします。
職人、いい仕事するね・・。

DSC_5224.jpg

ほぐしおわったら、ザルに上げて水を切ります。

DSC_5226.jpg

さて、ここからはハハの仕事です。
レシピというほどのもんじゃありませんが、
そうめんかぼちゃで作った色々なものをささっと。


1品目
塩もみした玉ねぎと共に、タイ風ソムタムサラダ。
ツナとか入れても良かったと思います。

DSC_5232.jpg

そうめんかぼちゃ、サクサクした歯ごたえでクセはなく、
いやーー、ほんっとにおいしい!
我が家では大人気です。
刺身のおいしいツマって感じでしょうか。

ソムタムのドレッシングは、

・醤油 大さじ1
・胡麻油 大さじ1
・酢 大さじ2
・砂糖 小さじ2
・ニョクマム 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・豆板醤 お好み
・にんにく お好み
・生姜 お好み


これを混ぜて、上からかけるだけ。
うまい・・・うまいですわ・・・


2品目
オクラと紫玉ねぎとで、ポン酢+ラー油をかけたサラダ。

DSC_5258.jpg

ポン酢+ラー油の組み合わせは鉄板です。
たちまち中華風の味わいに。
お子はラー油ではなく、胡麻油で。
お子も大好きです、そうめんかぼちゃ。はまっております。


3品目
そうめんかぼちゃとわかめ、きゅうりで、ポン酢+ラー油。

DSC_5655.jpg

これ、前日はタコ入れて作ったんですが、おいしくてまさかの撮り忘れ・・・。
素朴な材料なだけの時に、撮りました。とほ。
これ、イカ、ささみ、海老とかでも合うでしょうね~。
我が家では異様に人気の、そうめんかぼちゃでした。


・・・というわけで、いつもながら長々書きましたが、
金糸瓜未体験の方、見つけたら是非是非トライしてみてください。
オモシロ&オイシーが、もれなくあなたに付いてきますよ!さあ!さあさあ!!

| 手作りごはん | 08:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンレトリバー

子供が、家に配達される広告などをはさみで切り刻むのが好きなのですが、
先日その作業中にふと手を止め、
「・・・このお兄さんは・・・ちょっと、どくどくしいから、いらない・・。」
と私に遠慮がちにその切り抜きを渡してきました。

毒々しいお兄さんて!?と思って喜んで見てみましたが、
まぁ期待するほどのお兄さんではなかったです。
全戸配布のチラシに、大人も引くほどの毒々しいお兄さん載せたら、
さすがにクレームの嵐でしょうしね・・・。

  ・ 
  ・
  ・
福岡に居たときから水墨画を習い始めたのですが、
引っ越してしまったので、静岡でまた新たな先生に従事して
一から習い直しです。

本当は、早く生き物や山水画を描きたいんですが、
基礎の竹・蘭・菊・梅を今勉強中です。
実はお花より生き物が好きなんだよねぇ、私は・・・。
と宿題中なまけましたら、ちょっとかわいく書けたので。

20141107073907a4d.jpg

私はゴールデンレトリバーと一緒に育ち、その子が亡くなってからは、
同じくゴールデンの魔力に取り憑かれた姉が飼っている
2匹の毛むくじゃらと、よく遊ばせてもらっています。
子供も絶賛溺愛中です。

DSC_1258.jpg

ほんと優しくて忍耐強いですよね、ゴールデンて。
事情が許すなら、我が家でも飼いたいなぁ・・・。
(全部のお世話のお鉢が回ってくることを、過度に恐れる母)

| 水墨画 | 07:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンボ

地元の無農薬野菜を売る、街中カフェに行ったときに
三島産無農薬にんにくがあったので、購入しようと思いました。
冬になるとなくなってしまうので、備蓄も兼ねてです。

私がにんにくを選んでいると、3歳児が
わたしは違うのがいい、と選ぶ物 選ぶ物、
かたっぱしからボツにしたり違うのに換えては戻してきたり、
面倒になったので自分で選ばせてあげようと思い、
チョイスをお任せしました。

自宅に帰って買い物袋から野菜を出していたら、にんにくが出てきたのですが、
これは。

DSC_5844.jpg

一粒ですよ、これ。
一株じゃなくて。
どんだけジャンボなんだっていう。

というか、冬用の備蓄に買ったのに、
こんな巨大なの一粒だけあっても困るんですよ!(困惑)

DSC_5843.jpg

う~~ん、これどうやって使おう・・・。
計ったら、48gもありました。
インドカレー作るときですら、にんにく使っても20g・・・。
どなたか、ジャンボにんにくのおすすめレシピご存じでしたら、ご教授下さいませ。

| 普通の日常 | 07:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開運

カテゴリーに、「お酒」を追加しました。

旦那さんが、仕事の付き合いのある方から頂いてきました。
その名も「開運」
静岡県掛川市にある、土井酒造場さんというところが作ってある、
兵庫県特A地区産の山田錦を55%まで磨き上げた、特別純米酒。だそうです。
ありがとうございます!

パッケージはこのような。

DSC_5562.jpg

これは、贈答などにすごくぴったりですね~。
めでたさ爆発。
純米酒てところも、大変良いと思います!


さて、さっそくお味見させていただきました。
今回のお酒のお供は、「干(ひ)いか」と、ナッツ群です。

DSC_5646.jpg

お酒のお味はというと、甘口で、非常~~に飲みやすい!
クセがなくてすっきり系、あららららといううちに、
どんどん飲めてしまうお酒です。
ああ~どんどん減っていく・・・。

我が家でしか通用しない感想かも知れませんが、
東日本の日本酒独特の、あの独特な香りと後味(ちょっと苦手)がありません。
西のお酒の味がします。
うーん、するする飲みやすい。
人にあげやすいお酒だと思います。


蛇足ですが、本日のおつまみをちょっと紹介。
「干(ひ)いか」は、新橋駅近くにある香川・愛媛のアンテナショップ
せとうち旬彩館で購入。
これはまー、ほんとおいしい。

DSC_5649.jpg

ほたるいかほど濃厚ではありませんが、
するめほど大味でもない。
かめば噛むほど、はまっていきます・・・。
時々、中にアタリ!透き通った卵が入っています。これ、おいしい。
いかは、小さい方が我が家はおすすめです。

DSC_5647.jpg

・・・なんか、中身に対して皿の雰囲気が合っていませんね。
おっさんがフリフリのスカート穿いてる、みたいな。

さて、次いでナッツ類。
東京中目黒にある、「Groovy Nuts」さんのもの。
お店では、様々なナッツがどれども量り売り100g550円で売ってあります。
めっちゃしゃれとんしゃーです。
女性のお土産にぴったりな、そんなお店です、

今回はその中のフレーバー付きのものをおつまみにしてみました。
奧から、ベーコンスモクドナッツ、カカオナッツ、ローストハニーナッツ、。
日本酒に合うような、合わないような・・・。
スモークドのは、意外にもイケます、合います。

お酒を頂くと、おつまみも含めて家庭内で非常に盛り上がるので、
本当にありがたく感謝しております!
どうも、ごちそうさまでした!

| お酒 | 08:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒米作り体験 ~2014年10月~

前々回の田植え
前回のかかし作り
に引き続き、今回はとうとう稲刈り & かかし供養です!

9月は生き物観察 & 草取りがあったのですが、
運転手たる旦那さんが仕事の都合がつかず、
いきなり稲刈りをさせて頂くという、恐縮な感じのスタートであります・・・。

それはそうと、本日はいい天気!
絶好の稲刈り日和です。

DSC_5729.jpg

稲はというと、2連続の台風にもめげず、大豊作です!

DSC_5735.jpg

さっそく、刈っていきます。
我が家の3歳児、2歳児のときに一度稲刈りを経験しているので、
なんとなく要領を覚えているようです。
最初は取りあえずお父さんのレクチャーと共に。

DSC_5740.jpg

何も教えないと、鎌の柄の部分で刈ろうとしたりするので、
思いこみがないっておもしろいなぁ、と思いながら見ていました。

しばらくしていたら、ひとりでやりたいと強く主張するので、
やってもらいました。
刈れた。意外。

DSC_5764.jpg

稲に、時折こんな変な球体がついていたんですけれども、
これは一体なんなんでしょう??

DSC_5770.jpg

刈った稲は6束でひとつにし、下をしっかり縛って
さかさまに吊します。
はざがけ、というそうです。
運びもやります。

DSC_5782.jpg

本来なら一列に積むところを、
豊作により上に2段重ねで積みました。

DSC_5815.jpg

刈り入れが終わったら、田んぼの守り神たる、かかしの供養です。
マイケルさん、3ヶ月間お疲れ様でした・・・て
ふなっしーにベッタリじゃないですか!!

DSC_5793.jpg

マイケルさんの骨格である発泡スチロールなど不燃物を取り除き、
おにぎりを供え、稲藁と共にお炊き上げです。

DSC_5798.jpg

その火でお餅を炙ったり、焼き芋を焼いたり。
収穫祭って昔こんな感じだったのかなぁ、と
にぎやかに楽しくみんなで燻されながら焼きました。

DSC_5802.jpg

餅は炙れど炙れど、なかなかなかなか焼けず、
せっかく焼けても超・強烈な燻製臭、
アルミホイルで包んでから焼くと、早くておいしい、
という貴重な経験則が得られました。

DSC_5804.jpg

ゲホッ、ゴホッ、と燻されながら、はざがけをしたり
おにぎりを食べたり餅を炙ったり、用水路で遊んだり、
みんな自由にやっていました。

そうそう、稲刈り中にかわいい蛙を発見、

DSC_5786.jpg

子供に見せたところ、あのビビリである3歳児・・・
指でつついた上に、

DSC_5788.jpg

手にのっけられるまでに・・・。
成長したなああ・・・・。

と感心している間に、蛙が手からピョンと逃走。
それを見た娘、近くにいた少年に
「ちょっと!あなた、捕まえてごらんなさい!」 とか言うので、
「・・・フリーザ様?」 と心の中で突っ込みました。

DSC_5826.jpg

そんなこんなで稲刈りとかかし供養は無事に終わり、
解散となりました。

次回は、日本酒のラベルを手作りするそうです!
これはまた、子供を差し置いて大人が楽しむ予感がムンムン・・・。

DSC_5847.jpg

お土産で稲の束を貰ったので、しばし、はざがけをして乾燥させ、
自家脱穀 & 籾すりをする予定です。
またその時にでも、ブログを更新します。・・・きっと。

| 植物 | 08:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。