たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014年クリスマス

年の瀬ですね。
クリスマスが来たなぁとウットリしていると、
あっという間に御用納めが来て、大掃除が来て、大晦日が来て、
新年が来て、という、この怒濤の一連の流れが、子供の頃から大好きです。

さて、今年のクリスマスに、丸鶏を初めて焼きました。
いつも骨付きチキンかもも肉なので、なかなかのチャレンジでしたが、
丸鶏、いい。

何がいいかというと、

・ 見た目が豪華
・ どこの部位もしっとりで激うまい
・ 付け合わせ野菜がたまらん

これは毎年恒例にしたいものです。
というわけで、記憶が新しいうちに、タレの配合などを書いておきます。



 醤油ベースのローストチキンの作り方 
(24日夜にパーティするスケジュール)

DSC_6507.jpg

1.22日夕方に、丸鶏を冷蔵庫で解凍し始める

2.23日夕方に、醤油ダレを作り丸鶏を漬ける

【漬け込みダレの配合】
(元レシピの2/3量で作った)
● 醤油 240ml
● みりん 40ml
● 水 400ml
● 砂糖 50g~80g(今年は50g)
● 塩 小さじ2


丈夫な大きいジップロックなどに入れて、
輪ゴムで四方八方をしばったら、このタレの半量くらいでも大丈夫・・・のような。

3.丸鶏を水でよく洗い、内側・外側の水気を拭き取る。
  さっきのタレに漬け込む。
  丈夫なビニール袋などに入れて、空気が入らないように縛ると全体が浸かる。

4.24日夕方、付け合わせの野菜を切り、オーブンシートをひいた天板に載せる。
  パーティ開始2時間前くらいに、オーブンを180度に予熱。
  今年はじゃがいも、人参、玉ねぎ、にんにく、しめじ、セロリ、セロリの葉。
  セロリの葉が一番上に来るように。

DSC_6499.jpg

5.タレをよく切った鶏を、胸が上に来るようにしてあおむけにし、野菜の上に載せる。
  おなかの中に、スライスにんにくを入れる。
  両足が開かないように、凧糸で縛る。  
  180℃で30分焼く。

DSC_6500.jpg

6.ひっくり返してうつぶせにし、170℃で35分。
  途中で焼き色を見て、適当なとこで160℃くらいに温度を下げる。
  肉厚な部分に竹串を刺し、染み出た肉汁が澄んでいればOK。

7.焼けたらしばらく置いて粗熱をとった後、皿に肉を載せる。
  天板に残った鶏の脂を付け合わせ野菜にからめて、肉の周りに盛る。
  (セロリの葉は取り除く) 
  完成。
  
DSC_6509.jpg

切り分けの役は、家長が担当。
(なかなか自分のメニューを食べられない可哀想な役)

無題

そして鶏に寄り切られ皿から落ちまくる、付け合わせ野菜たち・・・。


その他メニューも来年の備忘録に書いておきますと、
全体はこのような。

DSC_6512.jpg

● ルッコラ、赤大根、アボカド、ジングルベル蒲鉾サラダ
人参ドレッシングで

DSC_6511.jpg

● トマトベースの赤いカルボナーラ

DSC_6506.jpg

● バターナッツ(かぼちゃ)の豆乳ポタージュ
 ⇒ バターナッツのレシピはこちら

DSC_6510.jpg

● チョコレートケーキ
長泉町の某店で、本業とは別に作っているものを購入。
常連さんのみ買えるという、隠しメニューだそうです。
やばいうまいです。本当においしい、これ・・・・。

DSC_6523.jpg

本当は1万円くらいするものらしいのですが、
それをまさかの3240円設定という、ありがたや価格です。
断面はこのような。

DSC_6527.jpg

チョコがおいしすぎますよこれは・・・。
我が家、無言になりました。
高級チョコレートの、しっとりと上質なケーキという感じ。
大事大事に、4回に分けて頂く予定です。
ああ、あと3回も残ってるう・・・(幸)

さて、そんなこんなでサンタさんも来ることですし、
寝ましょうそうしましょう。
唐突に終わります。
おやすみなさい。

スポンサーサイト

| 手作りパーティメニュー | 03:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川鶴と真酒

今週のお酒・おつまみを、旦那さんが買ってきました。
今回もまた、新橋駅近くにある香川・愛媛のアンテナショップ
せとうち旬彩館で全て購入です。

まずお酒からご紹介。
香川の会社、川鶴酒造さんの袋しぼり純米大吟醸、川鶴です。

DSC_5913.jpg

じゅ、純米大吟醸だとう・・・。
どうしてこんないいお酒を買ってきなすった・・・。
いいお値段するじゃないですか・・・・・ぶるぶる (財布の紐がわななく音)

と震えていても仕方がないので、おいしく頂くことにします。
本日のおつまみラインナップはこちら。
ババ ――― ン !!

DSC_5914.jpg

磯くさ ―――― !!
左より素干し海老、干いか、干し海老(中身はは入れ替え)、まるごといか煮干し。
えー、つまり、干上がった海老とイカばっかりです。

さて、さっそく飲んでみます。
おお、これはフルーティーなのに濃く、ピリリと辛口です。
我が家大好きです、このお酒。
夫婦で大絶賛です。ここのところの中でも、ダントツで好みです。
大好き、まろやかなのに辛口、かなりおいしい、大好き、高い。
と当時の味のメモに書いてあります。落ち着け。

う~ん。これはいいことがあった時にでも、
また是非飲んでみたいお酒です。
磯臭いおつまみにも負けないのに、お酒の味は上品でいて深いのです。
いい意味で、大吟醸じゃないみたいです!FOOOO!!!

お酒にばかり感動しているときりがないので、
おつまみの紹介でもしておきます。
今回の新顔は高松珍味堂さんの素干し海老。

DSC_5918.jpg

DSC_5915.jpg

味はといいますと、とてもおいしいです!
身のよく入った桜えびといいましょうか、香りがとにかくとてもよいです。

お次の新顔は、石丸弥蔵商店さんの、「まるごといか煮干し」

DSC_5919.jpg

原材料に、「松いか」って書いてあります。
なんだろう。京都で獲れたたものだそうです。

DSC_5916.jpg

このおつまみはすごいですわ・・・
袋を開けた瞬間がもう濃い濃い磯の香り、海苔のような香りというか。
食べてみますとまずは硬い、がしかし、このイカのキモは、肝ですよ・・。・
胴体の肝がとにかく濃くて、干したのにもかかわらず、量が多い!
コッテリしています。

DSC_1397.jpg

とにかくコストパフォーマンスのいいおつまみです、
堅いので口持ち(?)もいいし、肝が濃いので、一口でお酒がずいずい飲めます。
酒盗じゃないですが、こやつを酒盗と名付けたい。

調べてましたら、楽天に商品が出ていました。
新橋で買わなくても、え、ええのんか・・・。ゴクリ・・・。



この日は酒宴が盛り上がりまして、頂き物の芋焼酎まで開封しました。
我が家で焼酎を飲むことなど、2年に1回くらいなのですが、
せっかく頂きましたので喜んで頂きます!

小正醸造さんの、湧水真酒です。
鹿児島県湧水町で、生産農家の方々が手間暇を惜しまず育てた
有機栽培のさつまいもを使用し、大地が磨いた清冽な天然地下水で仕込みます。
ですと!おお!!

DSC_5922.jpg

味の感想は、焼き芋っぽい、飲みやすい、
匂いがしっかりしているが味が癖なくおいしい。
我が家は焼酎をあまり飲まないので、
他のものとの味があまり比較できませんが、おいしい芋焼酎だなぁと感じました。

これを飲みながら、おつまみにはローストしたものとか、
薫製が合いそう!サラミとかいいね!
と盛り上がっていたら、隣室から、
「どうやってたべるの?」という、娘の確固たる滑舌の寝言が聞こえてきました。
食いしん坊の血族に、乾杯。

| お酒 | 07:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松山三井で酒宴

子供がふと遊びの手を止めて、
「さつきちゃん (トトロに出てくる女児) のおかあさんて、
ブラジャーしてるのかなあ?」
と私に聞いてきたのですが、これは・・・?


さて、我が家は色々なお酒を買って試し飲みするのですが、
ひとしきり飲んで盛り上がって、お酒の詳細をすぐ全て忘れてしまうので、
ブログでログとして残しておくことにしました・・・
ブログって、便利・・・。

そんなわけで、我々のお酒(とつまみ)履歴の気になる方は、
カテゴリー「お酒」より、過去の醜態をご覧くださいませ。
ま、醜態言ってもただ飲んでるだけですけど。

さて、今回のお酒は新橋の「せとうち旬彩館」で購入した、
愛媛県のお酒「松山三井」です。
栄光酒造さんというところが作っている、純米吟醸酒です。
愛媛県産の最高級米「松山三井」を100%使用し、醸造した純米吟醸酒だとか。
色々な受賞歴があるようです。

DSC_5866.jpg

さっそくわくわく、開封します。
あ、いい香り・・・甘い香りがします。
飲んでみますと、これは何ともフルーティ。
少しとろ~っとして、これは飲みやすいお酒です。
クセはまったくありません。おつまみがあんまりいらないタイプです。

が、本日のおつまみのラインナップはこちら・・・
同じくせとうち旬彩館で購入した干し海老と、干いか。
・・・濃い。濃すぎる。

DSC_5867.jpg

これをつまみに食べます・・・
お酒が、負けます・・・。
何というか、こういう海くさすぎるおつまみよりは、
陸のものが合いそう、という結論に達しました。

白ワインのように飲むのが良いのかも、
生ハム、チーズあたりが合うのではないか、と言いながら、
この日は酒宴終了。

陸の物が合いそうと言っておきながら、
後日、今度は毛ガニをおつまみにして、リトライ。
合います。これは合う合う。

DSC_5872.jpg

蟹の強すぎない海の香り、塩加減をを、
このお酒がいい具合に中和してくれます。
後味がすっきりします。
これは名コンビネーションではないでしょうか。

試しに、生活クラブで購入したプロセスチーズでも、試してみました。

DSC_5870.jpg

やはり、合う。
が、今回は毛ガニの方に軍配が上がりました。
今回のベスト・オブ・マッチングおつまみは、毛ガニでございます!

最後に、おいしかった干し海老を紹介しておきます。

DSC_5864.jpg

原料はとてもシンプル。
香川県の、丸一倉庫さんの商品です。

DSC_5868.jpg

大きめの干し海老ですが、サクサクとしていて食べやすい!
でも身のところは歯ごたえがあって、食いでのあるおつまみです。
辛口のお酒には、ばっちり合うと思われます。
ビールでもいいですね。

今回も、よい酒宴でした!
ごちそうさまでした。

| お酒 | 02:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言い訳と近況報告

いやあ~~・・・・・・
さぼりました。
もう12月です。年取るもんです。
と、更新をサボるたびに言っている気がします。

ちょくちょく覗いてくださったみなさま、失礼しました!
そして、いつも本当にありがとうございます!


どうにも自分の中でインプットだけしたい時、
猛烈にアウトプットだけしたい時の波があって、
11月は完全にインプットの月でした。
(過去のブログ月別アーカイブを見ても、11月、12月、1月はその傾向が強いもよう・・・)

DSC_6226.jpg

アウトプットの波が来ると、朝4時くらいまで
猛烈に文章を打ち続けていたりするんですが、
波が来ないとモ~だめです。
というほど大それた文章はいつも書いていないんですが、
何かが「降りて」来ないと、文を書く気力が湧かなかったりします。

とかかっこいい (風な) 事を書いてみましたが、単純に

条件1.子供に寝かしつけられず、且つ布団から出て来る気力がある
条件2.もしくは旦那さんが早く帰ってきて、子供を寝かしつけてくれている
条件3.かつ旦那さんも寝かしつけられている
条件4.シラフ

という条件が揃いさえすればいいんですが、
ま――――――――― これが揃わない。

条件1で、もうまず駄目。
電気消しますよ?布団に入りますよ?横になりますよ?暖かいですよ?
これがどうして起きていられましょうや??
最初の電気を消す時点で、ほぼ詰みます。

万に一つ、子供が早く寝てくれて、意識が保てたとしても、
お昼間に気になったアレやコレ、あの人のブログ、今日更新のweb漫画、
スマートフォンでひとしきり堪能すると、まあ当然布団の中ですから、
やっぱり気がつけばスヤスヤてなもんです。至極簡単です。

そして条件2
旦那さんが早くかえっt・・・帰って来ないのですわ、これが!ご多忙のもようです。
週1くらいでしょうか、週1で帰ってくれば、当然酒盛り!!
となり、無条件で条件4 (シラフ) がつぶれます。
条件3 (旦那さんが子供と一緒に寝てしまう) だけは、難なく達成されます。
そうだろう、そうだろう、暗い所のお布団は、入眠にもってこいの場所だろう・・??

というわけで今日は奇跡的に条件1~4が揃い、だらだらと書きましたけれど、
要するに、お布団って気持ちいいよね!っていう、お話でした。
冬になると今にも増して殊更、お布団は気持ちがいいわけですが、
更新を細々、頑張っていきたいと思います!

DSC_5941.jpg

と言って、気持ちよさそうに寝ている写真など。

| 普通の日常 | 01:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。