たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手作り鏡餅の、カビの進行について

もう2月になろうかというのに、
今更正月の事を、蒸し返します。

⇒ みんなでどついた、「鏡餅」。
あれをラップで包んで常温(といっても暖房のない玄関)にほかって、
さぁ鏡開きの時には、どれほどカビが生えたのか?
気になりますか?
なりませんね?もう1月終わりますしね?

早々に結論をお見せしますと、このような。

DSC_6742.jpg

お餅を搗いたのが12月29日、鏡開きの1月11日まで
14日間放置していたわりに、完全無傷ではありませんが、きれいな感じです。
若干、赤いカビがスポットで点、点、とついています。

201501261416038ec.jpg

これを包丁でこそげて、、、
お、餅に水分がけっこう残っている感じ。
あっさり削れます。
カビは根が深いというので、一応深めにえぐっておきます。

丁度実家に帰っていたので(鏡餅持参)、そこで鏡開きを実行しました。

DSC_6751.jpg

が、しっとりしていたせいか、割れません。

本当はいけないんですが、できないものは仕方ない。
包丁でカットし、トースターで焼きました。

DSC_6755.jpg

が、この餅あまり膨らまず、焼きすぎてスカスカになってしまいました。

DSC_6756.jpg

これはお雑煮にIN。

DSC_6758.jpg

残りはチンして、海苔餅にして食べました。

で、味はどうだったのかと言うと、
なんか、臭い。

大人4人が額を付き合わせて合議しましたが、

父 ・・・ おれはわからねぇ
母 ・・・ 多分カビの臭いじゃないの?
旦那さん ・・・ 繊維の臭いのような気もするし、カビのような気もする・・・
自分 ・・・ キッチンペーパーの臭いか!? わさびか!? カビか!? なにせ臭い!
子供 ・・・ おかわりおくれー

というわけで、3/5の人間が、鏡餅に何らかの臭いを感じました。
鏡餅のカビ防止に、と制作した際、キッチンペーパーにわさびをくるんで
底にひいたのですが、それが少なからず影響しているようです。(と私は思う)

DSC_6743.jpg

私と母は化学物質過敏症で、人よりかなり臭いには敏感なため
ちょっと敏感に感じ取った側面はあるかも知れません。
雑煮より海苔餅のほうが、ダイレクトに臭いがしました。

誰一人おなかは壊しませんでしたが、
来年度から、ちょっとずつカビ防止のやり方を
研究していきたいと思っています。
まぁ、実家の父はまったく気にならなかったみたいですけど・・。

来年の自分の為に、試してみたいことを箇条書きにしておきます。

1.ラップに焼酎を塗り、密封。 わさびはしない。
2.ラップはしない。 餅が固まったら、餅と餅の隙間に米粒を置き、密着しないようにする
3.ラップはしない。 餅が固まったら、焼酎をまわりに塗ったくる。
4.ラップはしない。 餅が固まったら、濃い塩水をまわりに塗ったくる。

酒臭い餅はいいのか・・・。
ウェルカムです。

スポンサーサイト

| 手作りごはん | 06:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柴犬、水墨画


今年37歳になるひとへ。


DSC_6496.jpg

墨セットを出すのが一苦労なので、
弔辞用筆ペンと、普通の黒ペンで。

見えにくいですが、シバの熱視線の先は、蛙です。

| 水墨画 | 07:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4歳祝いのメニュー

この間の11月に、我が家の3歳児が、4歳児になりました。

3歳前半くらいまでは、私の寝床をななめ横断して大の字になっている娘を
夜中にまじまじと見つめては
「・・・・どこから来た?なぜ私が子供と住んでいるのだろうか?
なぜ私の布団が取られているのだろうか?」
と妙な気持ちになることが多かったのですが、
最近やっと、そこにいるのが当たり前になった感じです。

私なりに考えてみましたけども、
3歳前半くらいは成長が著しすぎて、姿形が常に変化し続けているので、
固定した人間として、私の脳みそが理解できていないのではないか、
と言う結論に達しました。

3歳になってからは、体があまり急激に伸びたり縮んだりせず、
会話も過去を共有して話せるようになったので、
「人」と暮らしているという実感が湧いてきたのかも、と考えています。
とまあダラダラ書きましたけど、単純に4年同居したので、
いい加減慣れた、というのも十二分あると思います。

最近はわたくし、夜中一人でトイレに起きてしまったときなど、
「うおおぉぉぉぉ~~!!! 娘~~~!!!」
と脳内で絶叫しながら小走りに寝室に逃げ帰っています。
恐がりです。 頼りにしてます。 (大黒柱はあまり家にいない。)
   ・
   ・
   ・
はい。前置きがいつも長くてすみません。
そんなわけで、誕生日会を行いました。
毎年メニューに悩む(ような予感がする)ので、備忘録代わりに記録しておきます。
子供の好物で揃えました。

● レタスと水菜とラディッシュとアボカドのサラダ

DSC_6044.jpg

● 牛挽肉のステーキ、その他有象無象

DSC_6048.jpg

● ベーコントマト玉ねぎピーマンピザ

DSC_6060_20141225113053672.jpg

● 照り焼きチキン長ねぎしめじピザ

DSC_6061.jpg

● かぼちゃとさつまいもの味噌汁

DSC_6046.jpg

パーティーですけど、味噌汁は欠かせません。
味噌汁ばっか毎食毎食出しているので、
スープをあまり食べ付けない、4歳児です。
ああ・・・4歳児って響きが新鮮だ。

全体像はこんな雰囲気です。
味噌汁椀が、静かな存在感を放っています。

DSC_6064.jpg

あ・・ケーキね、ケーキも作りましたよ。チーズケーキ。
でもね、なんかね、生地を流し込みましたら、
下に敷いていたボトムが、全部上にプカプカ浮かび上がりましてね・・・はっはっは。

DSC_1501.jpg

そのあとちゃんと下に沈んだかですって?
無論、焼き上がっても上にボトムが浮かんでおりましたよ。
奇妙な事もあるもんです(写真は自重)。


さて、ケーキのことは忘れて、
ピザ生地の配合を書いておこうと思います。
ノンオイルのピザ生地です。
天板1枚分に広げられる分量です。

一見豪華に見えますが、その実すごく簡単で、
かつガス台を占領しないので、スグレモノのパーティーメニューです。

● 強力粉 165g
● 全粒粉 35g
● 砂糖 5g
● 塩 3g
● 白神こだま酵母 2g
● ぬるま湯 130g


分量のぬるま湯から多さじ1強水を取り、酵母を予備発酵。
粉を手で混ぜてから、残りのぬるま湯と酵母水をIN、まぜ、10分弱こねる。
(水は様子を見ながら足す)
丸めて一次発酵。

DSC_6041.jpg

秋です。4時間弱で、いい具合に。2倍くらいでしょうか。

DSC_6042.jpg

いやね、ちゃんと膨らむってすごいですね。
この間、柿の皮酵母でパン作りましたけど。
さすが、本職の仕事は違います。
えっだって、膨らますだけだよね?みたいな余裕すら感じます。
たまりませんね。この安定感。

これを一度パンチして空気を抜き、
天板サイズのオーブンシートに広げてのします。
フォークで穴も開けときます。

DSC_6043.jpg

いきなり完成図ですけども、
生地 → ケチャップ → 玉ねぎ → ピーマン → ベーコン → チーズ
の順でトッピング。

DSC_6063.jpg

こっちは、
生地 → マヨネーズ → 長ねぎ → 鶏照り → しめじ → チーズ
で盛りました。

DSC_6062.jpg

そして、200度で20分~30分。
私は天板2枚入れて、時々上下を入れ替えて焼いたりしたので
わりと時間がかかりました。

我が家は子供がまだお子ちゃまなので無理ですが、
ここに粗挽き胡椒やらタバスコやら香辛料やらオリーブオイルやら、
お好みでかけてみると、またよいやも知れません。

大変だ!
今日は、オチがありません。
いや、いつもないか。

| 手作りパーティメニュー | 07:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本年の抱負

子供の前で唐突に、前日動画で見た「ロングブレス」を実践したところ、
自分で可笑しくなってしまい、ゲラゲラ笑っていたら、
「といって、自分が面白くて笑う、おかあさん。」
と冷静に突っ込まれました。
切ないです。

   ・
   ・
   ・
自分が幼稚園児だったとき、
登園拒否を達磨さんに直してもらったので、
達磨さんは大好きです。
(達磨さんを汗かく手のひらに握りしめて、毎日泣きながら登園していた)

一般的な事かは分からないのですが、
我が家では実家での風習そのままに、
新年、購入した達磨さんの背に、今年一年の目標を書きます。

そして、片目を入れ、来年の12月31日までにそれが達成できたら、
もう片方の目にも目を入れ、神社でお焚き上げをします。
駄目だったら、片目のまま、申し訳ない気持ちと共に
やはりお焚き上げをします・・・。

今年も達磨さんを買いました。
4歳になったので、子供の分も初めて買いました。

中・小・大。

DSC_6723.jpg

今年の目標を、全世界に発信します・・・

DSC_6713.jpg

脳みそが筋肉みたいな、家族です・・・。

| 普通の日常 | 06:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作り鏡餅、雑煮あれこれ

先日子供に、

あなたはそろそろ幼稚園に行く。
お父さんもお母さんもあなたのことは大好きだけど、
あなたの事を好きじゃない、という友達もいるかも知れない。

というシビアな話を旦那さんがしたところ(なぜそんな話を?)、
娘は
「じゃあ、その人の事を、わたしがとっても大事にしたら、
わたしの事を好きになってくれるかなあ?」
と返したそうです。

わたくし、4歳児がそんな出来たことを言うなんて思いも寄らす、
本気でちょっと感動してしまいました。
おまえ、いいやつだな~~~。
私だったら、あんな事こんな事

   ・
   ・
   ・
さて、お正月もとっくに過ぎましたが、
過ぎたはずなのに増えた体重が一向に戻る気配はありませんが、
なぜか毎年毎年少しずつ増加の一方ですが、
昨年のお正月の準備についてでも、備忘録で書き起こしておきます。

鏡餅を、自作しました。

DSC_6641.jpg

昨年の、⇒ ひな祭りにおける菱餅作り でも餅を自作しましたが、
今回は普通の鍋炊きではなく、圧力鍋で餅米を普通に炊き、作りました。
餅つきは、今回そのまま炊いた鍋で行いました。
手抜きです、手抜き。


 手作り鏡餅の作り方 
材料
● もち米 3合 (450g)
● 水 360cc

1.もち米を3時間くらい水に浸しておく。

Before
DSC_6574.jpg

After
DSC_6576.jpg

餅米はよく水吸いますね。
毎回こんなに水減っていいんか、とドキドキします。
というか、BeforeとAfterごときのスペルがちょっと怪しかった自分に、
今愕然としています。
お父さん、お母さん、ごめんなさい。

2.火を入れます。
  ピンが圧力レベル2(強)まで行ったら、4分加圧。
  その後、ピンが落ちるまで放置。

3.フタを開け、お米を混ぜ返したら、麺棒でそのまま景気良く、どつきます。
  鍋がまだ熱いので、下に何か敷いたりした方が良いかと。
  やけどにはお気を付けください。

DSC_6578.jpg

水を張ったボウルに、エンボス加工のしゃもじを用意しておきます。
しゃもじで、あいどりをします。
このエンボス加工のしゃもじって本当にすごいですね。
粘った餅すらも、くっつけないという・・・。
麺棒に餅がなついてきたら、水を時々付けて、またどついてください。

DSC_6587.jpg

4.餅が満足行くまでつけたら (つぶつぶが残っていても意外においしいです)、

DSC_6602.jpg

  お椀にラップをしいて、餅を入れます。
  大・小用意します。

DSC_6606.jpg

来年の私へ : この時、ラップにあらかじめ焼酎を塗って置くと、カビ防止になるかも知れない。

5.翌日、お餅が堅くなってきたら、お餅の底に
  キッチンペーパーにわさびを塗ってくるんだものを敷き、
  再びラップでくるみます。

DSC_6635.jpg

DSC_6636.jpg

6.完成。
  実際飾れるのは、お餅が堅くなる翌日以降なので、
  つく日は28日、30日はやめた方がよろしいかと。
  (「9(苦)餅」、「一夜飾り(31日)」を避けるため) 
  私は29日につき、30日に飾りました。

DSC_6642.jpg

  飾るのは28日が良い、とされるみたいですが、
  地域差があると思いますので、
  そこは皆様の地域に合わせてどうぞ。


さあ、11日の鏡開きまで、カビはどのくらい生えるんでしょうか。
餅を常温で2週間も放っておくのは初めてなので、
ちょっとドキドキします。
開いたら、またカビの様子を実況したいと思います・・・
 ⇒ 開きました!カビの様子が気になる方はこちら
作って8日目、今のところ、まだカビは来ておりません・・・ドキドキ。。。

DSC_6724.jpg

ちなみに、3合でお餅がどれくらい取れるかというと、
これくらいです。

DSC_6609.jpg

ラップの上の4つのお餅は、元旦のお雑煮用です。
片栗粉で打ち粉し、そのまま冷凍します。

お雑煮に使うときは、自然解凍してそのままお椀にINしてもいいですし、
チンしてから入れてもOKです。
今年我が家は、鍋のフタの上に乗っけて少し暖めた後、
まだ少し凍っていたので、軽くチンして使いました。
はっきり言って、かつてないほど激ウマでした・・・。

我が家のお雑煮は、
どんこ出汁に具は大根、人参、どんこ、鶏肉、餅、
で味付けは酒・塩・醤油です。

20150105150651198.jpg

実家は、それにカツオ出汁、具にナルト、三つ葉が加わっていました。

DSC_6676.jpg

実家と同じ物を作っていたつもりだったんですが、、、
こうして全国各地家庭の数だけ、オリジナルの雑煮が増殖していくんですね・・・。

旦那さんの実家は、すまし汁に、具は小松菜、鶏肉、ナルト、餅、柚子、
そして圧倒的な青のりでした。

20150105150618583.jpg

面白いですね~、全然違くって。
ちなみに、 ⇒ 博多のお雑煮はこんなん です。


・・・と、餅から雑煮に話題が逸れましたが、
餅つきの醍醐味は、つきたてのお餅を磯辺巻きにして食べること、です!
うおおぅ・・・生きててよかったぁ・・・・

DSC_6612.jpg

お正月じゃなくても、お餅つきは意外に簡単にできるので、
餅好きで食いしん坊の方は、お試しを~。
我が家の子供は、餅好きが高じて、真夏でも餅つきを要求してきます。
まあ、要求した本人が勝手に搗いてくれるので、助かっておりますが。

| 手作りごはん | 15:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。
旧年中は、このブログに足をお運びくださって、
本当にありがとうございました!

今までこのブログ、完全にただの独り言状態だったんですが、
今年から色々とコメントをくださったり、
定期的に覗いてくださる方が増えて、本当にうれしく思っています。

今年も、怪しい野菜を調理したり
膨らまないパンを励ましたり
何かと脱ぎがちな子供とのあれやこれやを
マイペースにボンヤリ書いていきますので、
みなさま、またどうぞお付き合いいただけますと幸いです。



               2015年

リアル生活でも、今年から自筆デザインの年賀状を
送ることにしました。
水墨画スキーの私です(ロシア風)。

と新年からどうでもいいこと言ってますが、
今年もどうぞ、宜しくお願い致します。

| 水墨画 | 06:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。