たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015年クリスマス

1ヶ月半の赤子と、赤ちゃん返り中の5歳児を抱え、
迎えました、今年のクリスマス。

赤子の方は、まぁー相変わらず平和なかたで、
一応おつとめとして、それなりには泣いたりするのですが、
基本的にスヤァ、と寝ておられ、助かっております。

問題は上の人。
冬休みに入ってから、いい年して(5歳)
赤ちゃん返りなのか妙に後追いをしてきまして、
トイレ、隣室、台所と、とにかくべったりと着いてくるのです。
私が椅子に座れば、母を止まり木のようにして、よじ登る、絡みつく、ぶら下がる・・・。

授乳中なので(言い訳)、間食を隠れてチョイチョイ、としたいのですが、
台所に侵入してきては、湯沸かし器のボタンの意味をひとつひとつ問うてみたり、
私今日、見学するの!などと言いながら、材料を切ったそばからつまみ食いしたり、
んああああああクリスマスの準備がすすまねぇEEEEEEE
・・・・おっと・・・取り乱しました・・・・

という、一日を過ごしました。

いやね、ほんとにこれがジレンマでして。
クリスマスのメニュー、食卓に出したとき、子供にウワ~、これすごーい♥
と言われるサプライズを、ある程度したかったのです。

が、前述の通り台所まで私を付け狙ってついてくるので
サプライズ製作をしにくい、
そして見学会という名の、有り体に言って、超・お邪魔虫をしてくるので、
業を煮やした私から、雷をたびたび落とされるわけです。

しかし、元をたどれば、子供を喜ばせたいがために準備しているのに、
私は何で今子供を叱りとばしているんでしょうーっ!?
はぁーっ、なんというジレンマ・・・・・
・・・と、真面目に一瞬悩み、子に対して申し訳ない気になりましたが、
邪魔なもんは邪魔なんじゃあ!!

   ・
   ・
   ・
さぁ、ひとりスッキリしたところで、
記憶の新しいうちに本日のパーティメニュー、
配合を記載しておきたいと思います。

今年も作りました、丸鶏。
昨年はパルシステムの鹿児島県産丸鶏でしたが、
今年は生活クラブの、山口県産、秋川牧園の丸鶏。
「はりま」という国産鶏種なんですが、むちゃくちゃおいしい。

DSC_9095.jpg

旦那さんと、やばい。やばいわ。やばい。
と言いながら食べました。


 醤油ベースのローストチキンの作り方 
(24日夜にパーティするスケジュール)

1.22日午前に、丸鶏を冷蔵庫で解凍し始める

2.23日午前に、醤油ダレを作り丸鶏を漬ける

【漬け込みダレの配合】
(元レシピの1/3量、昨年レシピの半量で作った)
● 醤油 120ml
● みりん 20ml
● 水 200ml
● 砂糖 25g~40g(今年は25g)
● 塩 小さじ2(14g)
←間違えた、本当は半量だと小さじ1だけど、結果的に小さじ2で良し


3.丸鶏を水でよく洗い、内側・外側の水気を拭き取る。
  フォークで皮をブスブス刺したあと、さっきのタレに漬け込む。
  丈夫で大きい袋に入れ、空気が入らないように縛ると全体が浸かる。

DSC_9101.jpg
(邪魔だよ!)

  (今年はビニールごと風呂の水に浸けて、空気を追い出して口を固く縛った)
  更に輪ゴムで四方八方をしばり、皿に置いて冷蔵庫へ。
  気が向いたときに、上下を時々ひっくり返す。

DSC_9109.jpg


4.24日夕方、付け合わせの野菜を切り、オーブンシートをひいた天板に載せる。
  パーティ開始2時間前くらいに、オーブンを180度に予熱。
  今年はじゃがいも、さつまいも、人参、玉ねぎ、にんにく、セロリ、セロリの葉。
  芋類は、8mm程度にスライスにしました。(昨年は角切りで少し生だった)
  セロリの葉が一番上に来るように。

DSC_9108.jpg
(邪魔だっつの!!)


5.タレをよく切った鶏を、胸が上に来るようにしてあおむけにし、野菜の上に載せる。
  おなかの中に、スライスにんにくを入れる。
  両足が開かないように、凧糸で縛る。  
  180℃で30分焼く。

DSC_6500.jpg


6.ひっくり返してうつぶせにし、170℃で35分。
  途中で焼き色を見て、適当なとこで160℃くらいに温度を下げる。
  肉厚な部分に竹串を刺し、染み出た肉汁が澄んでいればOK。
  手羽の先は、脇に挟んでおく。(焼く前から、ひっくり返した後も気をつける)

DSC_9115.jpg


7.焼けたらしばらく置いて粗熱をとった後、皿に肉を載せる。
  天板に残った鶏の脂を付け合わせ野菜にからめて、肉の周りに盛る。
  (セロリの葉は取り除く) 
  完成!

DSC_9127.jpg

写真は、去年の方が美味しそうに撮れております・・・・。
あと、今年の方が、鶏がでかい・・・。

付け合わせのさつまいもは、もしかしたらおいしいかも・・・とノリで入れてみましたが、
異常においしかったです。
しかも、肉と一緒に食べると、なぜかうまさ倍増。
来年も、さつまいもはまず欠かせないでしょう。
(ただ、焼き上がりの色味はイマイチ)

【 追記 】
二日後に食べたら、香味野菜の味がひとつにまとまって
初日を凌ぐ、バリウマさでした!
完成されてるぅ!という感じです。
初日に一気食いするなかれ。


さて、他のメニューもざっと。

サラダ部隊として、
紫キャベツ・アボカド・ブロッコリー・ジングルベル蒲鉾。
紫キャベツは、塩もみ→酢を垂らして、赤くしてみました。
こうして見ると、大して赤くなっていないところが、ポイントです。

DSC_9126.jpg


スープは、ミネストローネ。
具、もりもりです。
が、結果的にローストチキンの付け合わせ野菜と、ほぼかぶっております。。。

DSC_9129.jpg


わりと真面目に作ったのは、ピザです。
リース風。

DSC_9131.jpg

ソースはケチャップ。
トッピングは、ウィンナー5本スライス、玉ねぎ、チーズ、胡椒。
ブロッコリーには、マヨネーズをかけました。
が、焼けたらほぼ消えてるじゃないの・・・
ピザ生地は以下の配合です。ノンオイル。クリスピー!


【ピザ生地の配合】   (作り方はこちらを参考に⇒4歳祝いのメニュー
直径20cm程度のもの1枚分
● 強力粉 70g
● 全粒粉 30g
● 砂糖 3g
● 塩 ふたつまみ
● 白神こだま酵母 1g
● ぬるま湯 60g


200度で、20分程度焼きました。
チーズにいい焼き目がついたら、おしまいにしました。
ブロッコリーは下茹でなしでしたが、まぁ、どっちが良かったのやら?

カラーピーマンで、星形とリボンを作ったのですが、
型抜きがないがために、トホホのフリーハンドですよ
(キッチンばさみで地道に切った)

20151224_113615132.jpg

来年は、★の型抜きを買おう・・・。


さて、メニューの全体像としては、このような。

DSC_9140.jpg

子供は、今年からシャンメリーデビューです。
日頃ジュースを全く飲ませていないので、年1回のお楽しみ、ということで。
炭酸を、すっぱい、すっぱい、といいながら、堪能していました。


さて、〆は、今年も静岡県東部の誉れ!の名店、裏メニューを注文しました。
台所でこっそりカットしたので、絵面がよろしゅうないですが・・・
本物は、とてもカッコいい、ルックスです!

DSC_9142.jpg

ほんで、まぁ~~~。
今年も、本当に、おいしい、おいしすぎるケーキでした。
濃厚なチョコ部分が、おいしすぎます・・・。
あぁ~、おいしいとしか言えませんよう・・・。
絶対、来年も予約しよう・・・。

DSC_9146.jpg


・・・と、記憶が確かなうちにつらつら書いておりましたら、深夜です!
隣室で赤子が私をハヒ、ハヒ、ハヒ、と呼ぶ序章が聞こえております・・・。
それでは、世のサンタの皆様がた、配達頑張ってくださいませ!

スポンサーサイト

| 手作りパーティメニュー | 01:31 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新生児時期における二人目について、雑記

ご無沙汰しております。
実家で、食っちゃ乳出し~の、の生活を送っております。
・・・と書いていたのですが、なんだかんだでもう実家から帰り、
家族4人の生活を始めております。
幸いなことに、今度生まれた赤子は今のところ非常に穏やかで、
お世話もかなり楽です。

一人目の時は、「赤ちゃんのお世話」は
阿鼻叫喚、ノイローゼ、廃人、という先行イメージが物凄く強く、
生む前は育児に対して恐怖感しかなかったですが、
生んでお世話をしてみたら、実際はその想定の1/10くらいの大変さでした。

今度の人は、一人目を経験した上で覚悟していた
お世話の大変さの、更に1/3くらいです。(現時点当社比)

それにしても、赤子のデフォルトだと思っていた、乳!乳!!
という要求が、デフォルトじゃない、ということを知り、
驚いております・・・

上の人は泣いたらまずは乳、何はともあれ乳、
離すときは口に指を突っ込んでこじあけないと解放して貰えず、
離したら離したで、空中を名残惜しそうにチュボンチュボン、
とエアー乳している始末で、結局乳離れするのに三年かかりました。

今度の人は、泣いたら抱っこすると、泣き止んだりするのです!驚愕!!
乳飲まなくても泣き止むの?!!?
抱っこで養分摂ってるんすか!?!?

乳を取り合えずあげようとしてみると、いえわたくしは・・・
などとやんわり拒否されたり、
飲むにしてもお公家さんのような上品な飲み方で
ちょぼ、ちょぼ、と嗜まれ、揚げ句には乳にむせかえって溺れたようになり、
やはりわたくしは・・・とお断りされたりして、
まぁその違いたるや、世話していて非常に面白いです。

赤子の時の性質というのは、三つ子の魂・・・
なのでしょうかね??
皆様のところのお子様はどうでしょうか。

上の子は今思い返せば、
生後10日ほとでうつ伏せから顔を持ち上げて背筋を嗜み、
20日ほどで寝返りを試みて、布団の上を秒針のように回転していました。
あれが赤子のデフォルトかと思っていたら、とんでもない。
下の人はにこやかに、手足をもさもさパタパタするばかりです。おっとり。

上の人は今、まーーパワフルでアクティブ、
そして腹に寄生虫でも飼っているのでは?というほどの大食漢。
有り体にいうと、イヤシンボです、あの人。ちょっとまずい。
しかしこれ、、、赤子の時の性質そのままにお育ちに??

パワフルさで言ったら、一歳の時の一升餅(約2キロ弱)も、
背負わせたら重くて泣いてあらあら、という様式美の行事ですが、
彼女、背負わせたら泣くどころか、やおら立ち上がって、
そのままかついで何歩か歩いてましたしね・・・。はぁ・・


ところで、わたくし育児に関して非常に斜に構えているというか、
わりとドライな子育てをしている方だと思っておりまして、
「二人目ってかわいいよ」、と色々な方から言われたときも、
フーン?あそうなの?またまたーー。
と思っていましたが、

二人目、超・かわいい。
です。

2015112416305797f.jpg

今のところ新生児時期でしか比較できないのですが、
泣いたって、あらあらあらー♥
どーせ3ヶ月になるくらいまでは、
意味もわかんないけどとにかく泣きまくるつもりなんでしょ♥ 知・っ・て・る♥
なんつって、まーとにもかくにも、かわいいのです。

かわいいって、どう説明したらよいのでしょうか、
世間では、食べちゃいたいくらいかわいい。
などとよく言うので、食欲魔人としては大いに賛同したいところですが、
生憎、自分の赤子を見ても、
嗚呼。食べてしまいたい。とは思いません。
ただ、目の前の赤子がスーハーした二酸化炭素を吸い込みたい、
という、おかしな衝動に駆られることがあります。
キモいでしょう?キモいんです。

ちなみに勘違いしていたことは、
二人目がかわいい = 二人目の方が好き、
という意味になんとなく解釈していましたが、そうではなく、
単にかわいい、という点に於いて、ベクトルが二人目にビッと向く、
といった感じです。

推測するに、これから下の子がチョイ、チョイと迎えるであろう
子供の成長に伴う反抗期にしても、
まだまだ主張が、コ・ド・モね♥
ワタシ、もっと激しくて小賢しくて可愛げないの、知ってる♥
と現在進行形の上の子の反抗期と比較することで、
鷹揚に構えられるのではないか、と思うのです。
はい。今の段階では、完全なる憶測です。

それにしても、もともと生き物好きとしては、
人間と言うより動物のような挙動の新生児時期が結構好きなので、
今や毎日がゴールデンタイムです。

深夜、いきなり予告のないトップギアでホァ・・ホアァーー!!!!
と絶叫し出す赤子を膝に抱いて、泣いてるねえ。
とウットリ観察する余裕のある、二人目育児です。
モロー反射、三ヶ月と言わず、もっと見せて下さいお願いします。

2015120711083270f.jpg


そうそう、せっかく男児が生まれたので、ということで、
ブログのジャンルを「女の子育児」から「男の子育児」へ、
お引っ越ししてみました。
これからも、育児という名を借りて、
ヘンテコ野菜を世に発信していきたいと思います。
宜しくお願いします。(迷走中)

| 普通の育児 | 23:28 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。