たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手作り鏡餅、雑煮あれこれ

先日子供に、

あなたはそろそろ幼稚園に行く。
お父さんもお母さんもあなたのことは大好きだけど、
あなたの事を好きじゃない、という友達もいるかも知れない。

というシビアな話を旦那さんがしたところ(なぜそんな話を?)、
娘は
「じゃあ、その人の事を、わたしがとっても大事にしたら、
わたしの事を好きになってくれるかなあ?」
と返したそうです。

わたくし、4歳児がそんな出来たことを言うなんて思いも寄らす、
本気でちょっと感動してしまいました。
おまえ、いいやつだな~~~。
私だったら、あんな事こんな事

   ・
   ・
   ・
さて、お正月もとっくに過ぎましたが、
過ぎたはずなのに増えた体重が一向に戻る気配はありませんが、
なぜか毎年毎年少しずつ増加の一方ですが、
昨年のお正月の準備についてでも、備忘録で書き起こしておきます。

鏡餅を、自作しました。

DSC_6641.jpg

昨年の、⇒ ひな祭りにおける菱餅作り でも餅を自作しましたが、
今回は普通の鍋炊きではなく、圧力鍋で餅米を普通に炊き、作りました。
餅つきは、今回そのまま炊いた鍋で行いました。
手抜きです、手抜き。


 手作り鏡餅の作り方 
材料
● もち米 3合 (450g)
● 水 360cc

1.もち米を3時間くらい水に浸しておく。

Before
DSC_6574.jpg

After
DSC_6576.jpg

餅米はよく水吸いますね。
毎回こんなに水減っていいんか、とドキドキします。
というか、BeforeとAfterごときのスペルがちょっと怪しかった自分に、
今愕然としています。
お父さん、お母さん、ごめんなさい。

2.火を入れます。
  ピンが圧力レベル2(強)まで行ったら、4分加圧。
  その後、ピンが落ちるまで放置。

3.フタを開け、お米を混ぜ返したら、麺棒でそのまま景気良く、どつきます。
  鍋がまだ熱いので、下に何か敷いたりした方が良いかと。
  やけどにはお気を付けください。

DSC_6578.jpg

水を張ったボウルに、エンボス加工のしゃもじを用意しておきます。
しゃもじで、あいどりをします。
このエンボス加工のしゃもじって本当にすごいですね。
粘った餅すらも、くっつけないという・・・。
麺棒に餅がなついてきたら、水を時々付けて、またどついてください。

DSC_6587.jpg

4.餅が満足行くまでつけたら (つぶつぶが残っていても意外においしいです)、

DSC_6602.jpg

  お椀にラップをしいて、餅を入れます。
  大・小用意します。

DSC_6606.jpg

来年の私へ : この時、ラップにあらかじめ焼酎を塗って置くと、カビ防止になるかも知れない。

5.翌日、お餅が堅くなってきたら、お餅の底に
  キッチンペーパーにわさびを塗ってくるんだものを敷き、
  再びラップでくるみます。

DSC_6635.jpg

DSC_6636.jpg

6.完成。
  実際飾れるのは、お餅が堅くなる翌日以降なので、
  つく日は28日、30日はやめた方がよろしいかと。
  (「9(苦)餅」、「一夜飾り(31日)」を避けるため) 
  私は29日につき、30日に飾りました。

DSC_6642.jpg

  飾るのは28日が良い、とされるみたいですが、
  地域差があると思いますので、
  そこは皆様の地域に合わせてどうぞ。


さあ、11日の鏡開きまで、カビはどのくらい生えるんでしょうか。
餅を常温で2週間も放っておくのは初めてなので、
ちょっとドキドキします。
開いたら、またカビの様子を実況したいと思います・・・
 ⇒ 開きました!カビの様子が気になる方はこちら
作って8日目、今のところ、まだカビは来ておりません・・・ドキドキ。。。

DSC_6724.jpg

ちなみに、3合でお餅がどれくらい取れるかというと、
これくらいです。

DSC_6609.jpg

ラップの上の4つのお餅は、元旦のお雑煮用です。
片栗粉で打ち粉し、そのまま冷凍します。

お雑煮に使うときは、自然解凍してそのままお椀にINしてもいいですし、
チンしてから入れてもOKです。
今年我が家は、鍋のフタの上に乗っけて少し暖めた後、
まだ少し凍っていたので、軽くチンして使いました。
はっきり言って、かつてないほど激ウマでした・・・。

我が家のお雑煮は、
どんこ出汁に具は大根、人参、どんこ、鶏肉、餅、
で味付けは酒・塩・醤油です。

20150105150651198.jpg

実家は、それにカツオ出汁、具にナルト、三つ葉が加わっていました。

DSC_6676.jpg

実家と同じ物を作っていたつもりだったんですが、、、
こうして全国各地家庭の数だけ、オリジナルの雑煮が増殖していくんですね・・・。

旦那さんの実家は、すまし汁に、具は小松菜、鶏肉、ナルト、餅、柚子、
そして圧倒的な青のりでした。

20150105150618583.jpg

面白いですね~、全然違くって。
ちなみに、 ⇒ 博多のお雑煮はこんなん です。


・・・と、餅から雑煮に話題が逸れましたが、
餅つきの醍醐味は、つきたてのお餅を磯辺巻きにして食べること、です!
うおおぅ・・・生きててよかったぁ・・・・

DSC_6612.jpg

お正月じゃなくても、お餅つきは意外に簡単にできるので、
餅好きで食いしん坊の方は、お試しを~。
我が家の子供は、餅好きが高じて、真夏でも餅つきを要求してきます。
まあ、要求した本人が勝手に搗いてくれるので、助かっておりますが。

関連記事

| 手作りごはん | 15:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふっくらきれいに鏡餅できていますね~!
マンションでお餅つきをして鏡餅を作ったのですが、びよ~んと広がっちゃってぺったんこの鏡餅になっていました。つきすぎたのかな。。。(笑)

| ナナソラママ | 2015/01/06 11:30 | URL |

Re: タイトルなし

> ナナソラママさん

ふっくら・・・なんだか、水分が少し少なめだったのか、
もっちりしすぎて、お椀に入れてもなかなかその形に馴染みませんでした。。。
やわらかさは、何が原因なんでしょうねぇ??

ナナソラママさんのとこも、マンションで餅つき&鏡餅したんですね!
ナナソラママさんのところは、どんな武器を使って
お餅つきするんですか~?
杵と臼があるのかな ^ ^

| とむやむ | 2015/01/08 12:23 | URL |

すごいっ。
餅つきってきねとうすでやってるのかと思ってたら、力わざ?だったんですね!!
そんなに好きなら、餅つき機はすごーーーくお勧めですよっ!
うちはその後、もう一度餅つき機を動かしました。
専用の羽を使えば、味噌もできるらしい♪♪

鏡餅、カビが生えたかどうか教えてくださいね~。

↑だるま、神社で売られてるの見たことがないよ。
そちらの習慣なのかな??

| sachi | 2015/01/09 19:31 | URL |

Re: タイトルなし

> sachiさん

あはは、そうなんです、力わざだったんです笑
子供も要領を得たもので、手出しさせてもらえません・・・。

餅つき器は、味噌もできるんですかっ!?
我が家の趣向を完全に把握されたような機械でございますね、そりゃ。。。
うーん、ちょっと欲しくなってきました。

鏡餅、結果は後日ブログにアップしますー!
わりと無傷だったんですよ!

だるまさん、そちらは神社では売っていませんか~。
どちらかというと大きなお寺で扱っていたりするんですが、
あんまりメジャーな習慣ではないのかも知れませんね。
地域差って、面白くて大好きです♪

| とむやむ | 2015/01/14 18:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://taiyakitaiyaki310.blog115.fc2.com/tb.php/326-f45cecba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。