たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あずき味噌作り (少量)

今回、味噌の計算式で参考にさせて頂いたのはこちらの2サイトさん
● マルカワみそさん(計算式)
● 味噌分量計算式

少量の味噌作りということで、塩分濃度12~14%
原料を適当にメモ書きしました。
豆に対しての麹の割合は、昨年の大量味噌作りと同じ比率にしてみました。(麹が豆の1.75倍)

2015020713010831d.jpg

その他の味噌の作り方はこちら ⇒
青大豆、黒豆の味噌作り (少量) ⇒一番詳しい手順が載っています
あずき味噌作り (少量)
ひよこ豆味噌作り (少量)
乾燥空豆味噌作り (少量)

  ・
  ・
変わり味噌作り第3弾は、
小豆で作る「あずき味噌」です。

取りあえず完成形の見当も付きませんが、
豆:麹:塩の配合は、普通の味噌と同じと仮定して進めていきます。


小豆味噌の材料
● 小豆 200g
● 米麹 (分つき米) 350g 
● 塩 120g (塩分濃度 13%)

DSC_6938.jpg

豆は、こちらの無農薬・北海道産のものを使用。
購入場所は、近所の自然食品店のヨシダさんにて。

はい、では手順です。
まず、小豆を洗って水を写真くらいに入れ、
金属の落としぶたをのせて
ピンが2(強)に行くまで加圧、10分後に消火しました。

DSC_6966.jpg

蓋を開けたら、水がだいぶ減って豆が頭を出しており、
かつ親指と薬指で潰れる堅さ・・・にはなってない。
ということで、水を豆から+2cmほど足し、
再度ピンが2(強)に行くまで加圧、5分後に消火しました。
⇒ 来年は15分くらい加熱しようかと。

DSC_6968.jpg

今度はバッチリ。
ゆるゆるです。

20150207203441c37.jpg


マッシャーでもりもり潰します。
ねりねりです。これはあんまり力がいりません。
皮が少々残りますが、まあご愛敬です。
大豆と比べて、水っぽい感じです。
はあ~ぁ・・・あんこのいい香り。

DSC_6970.jpg

これも塩切り麹と混ぜて、ハンバーグを作ります。

DSC_6990.jpg

そして空気を抜いて、ポリ袋へIN。

DSC_6992.jpg

色味はこのような。
なんというか、ものすごくサラミっぽいです。

DSC_6993.jpg

まあ、食べたらものすごくあんこなんですけども。
はい、以上があずき味噌の作り方です!
食べ頃は秋以降だと思います。


【追記】
⇒ 変わり味噌を味比べしました
⇒ 変わり味噌を味噌汁に入れて、味比べしました

関連記事

| 保存食 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://taiyakitaiyaki310.blog115.fc2.com/tb.php/338-0a293d72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。