たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大豆のゆで汁、その後

先日の変わり味噌作りで出た、茹で汁
捨てるのは忍びないので、廃物利用をしましたその1、

あずきのゆで汁 + 黒豆の茹で汁を、
お米を炊くときの水の代わりにそのまま使いました。

DSC_7043.jpg

くろ・・・。
底に沈んだ、どろどろの沈殿物も全部入れます。
黒千石(ちっこい黒豆)と酒、塩を入れて炊きました。

DSC_7053_20150207155104201.jpg

これが見た目に反して、バリウマです。
甘い、もっちり、濃いうまみ・・・。
豆ごはんが好きな人なら、絶対喜んでもらえるはず。
ちょっと色が黒すぎるきらいがありますけど、まあご愛敬です。

普通の大豆で味噌作りをしたゆで汁も、お米を炊くのに使ってみました。

DSC_7148.jpg

こちらは、酒、塩、醤油でさっと味付け。
炊けました。

DSC_7210.jpg

これもまーー、おいしいです。
煮汁だけ飲むと、甘くてしつこくて、正直オエーなんですが、
炊き込みごはんにしちゃうと、それが完全に消え去ります。
いやー、芳醇な茶飯といいますか。おいしいです。
かやくごはんにしても、絶対合うと思います。

あとは、つまらないので写真はありませんが、煮汁を半分くらいに薄めて、
味噌汁の煮汁にしたりしました。


そして廃物利用その3、青大豆ゆで汁酵母作り。

248gのゆで汁に10gの甜菜糖、
ひとつまみの白神こだま酵母を入れました。
ドーピングです、ドーピング

DSC_7037.jpg

どこかのブログで、大豆のゆで汁で酵母を作ったというのを見たので、
我も我もと作ってみました。
その方は茹でた豆も少量瓶に入れていたのですが、
私は豆は全て味噌に送り込んでしまったので、汁しかありません。(ケチ)

我が家は酵母があんまり育ちにくい環境のようだし、
せっかくの煮汁が無駄に腐っても悲しいので、
取りあえず底上げ要員として、こだま氏に出動をお願いしました。
なんかズルをしている気になってきます・・・。

24時間度。 ↓
あれ、もう泡が・・・??

DSC_7049.jpg

1日と半日後、上部に厚い泡が発生! ↓
謎のモロモロも水中に発生。

DSC_7054_2015020716145781b.jpg

今まで我が家で育てた酵母で、
こんなに泡を噴出させているのを見たことがないので、動揺しています。
こだま酵母、凄いです・・・。さすが本職の人です。
軽い気持ちでヤーさんにお仕事を頼んだのに、
仕事が的確すぎて、動揺している一般人の気分です。
本職の仕事を舐めたらいけません。

まず蓋を開けると、予想外にフルーティな、とてもよい香り!
なんか、果物みたいです。
味見をしてみると、ビリビリしっかり発泡、少し甘くて、
後味は第三のビールに似ている・・。

正直酵母の完成の見極めに自信がないのですが、
「蓋を開けたときに泡が沢山出てきたら、酵母の育成は完了」
と知人に教えて頂き、うーん、開けたときに元気なわけではないけど、まあ・・・
泡は出てるよね~・・・と軽い気持ちで、元種作りへ移行することにしました。

58gの酵母液と、58gの国産強力粉を足して、混ぜました。
(中途半端な数字なのは、酵母を適当に注いだ結果)

DSC_7055.jpg

再び50gの酵母液と50gの国産強力粉。

DSC_7063.jpg

最後の50gの酵母液と50gの国産強力粉のつぎ足し。

DSC_7066.jpg

どんどん発酵力が高まってくるらしく、最後は4時間で2倍になったので、
取りあえず時間も時間だし(夜の酒盛り中)、
野菜室にお眠り頂きました。

DSC_7077.jpg

翌朝見ると、野菜室でも少し発酵してます。
おぉ~~っ。こんなにパンぽい発酵は、初めて見たわ・・・。

DSC_7080.jpg

ということで、酵母液に何g粉を足したら、成形できるのかな~????
と超・文系の頭をふりしぼって考えました。
知人のレシピでは、酵母液200gに対して、300gの粉でこねるとのことなので・・・
えー、(粉50g + 酵母液50g)× 3 で当てはめると・・・
ポク
ポク
ポク

チーン

201502141533398cd.jpg

75g、粉を足せばよい。
ということで、3gの塩と20g米ぬか、55gの国産強力粉を足してこね、成形。
ちょっとべたついたので、ひとつかみ強力粉をこれに足しました。

DSC_7084.jpg

4時間後、いい具合に膨らんでいます。
順調すぎて怖い・・・。
クープを入れ、霧吹きをして、200度20分焼きました。

DSC_7085.jpg

さあ、焼き上がりました!
釜のびはイマイチですけど、今までの天然酵母パンと比較したら、
雲泥の差の焼き上がりです。

DSC_7092.jpg

断面はこのような。
ノンオイルなのに皮も厚すぎず、中はふわっふわんです!
押してもブワ~ン、と押し戻ってくる、弾力。

DSC_7095.jpg

肝心なお味はというと、う~ん、素朴~。
米ぬかを少し入れたのでその香りがします、
が、大豆の煮汁が本当に使われているのか、
まったくこれでは分からないです。
ですが、噛みしめると粉の味がふか~い、おいしいパンに出来上がりました。

今回、初めて天然酵母が成功したようなのですが、
こだま酵母の後押しが大きかったかなぁ、というのもあり、
チャレンジ欲がますます膨らんできました。
ということで、この酵母液を大さじ1ほど入れて、
その他の酵母を育ててみることにします。

その育成については、また後日記事にします。

関連記事

| 手作り天然酵母 | 00:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど~。
ダイズのゆで汁で米をたいたり、味噌汁、、、いいアイデアですね~♪♪
確かにそのまま飲んでも不味いもんね。
今度やってみます。

酵母を作るときに、白神こだま酵母を入れる、、これもまたいいアイデアですね~。
力強い発酵に驚きました。

発酵、そういえば私は冷蔵庫の上に置いて発酵させてました。
あと、夏場の発酵のパワーは半端ないですね。
レーズン酵母を作っていた時が夏だったんですが、すごかったです。
(今の季節ならこたつがあればこたつとかがいいのかな?)

自家製酵母の時に、粉と水分量でかなり悩んだんですが、↑の感じで計算すればいいんですね~。なるほど~。

久々に、自家製酵母でパンを焼いてみたい気持ちがちょっぴり出てきました(*^_^*)

| sachi | 2015/02/19 05:04 | URL |

すごい~!!
写真のパンもとっても美味しそうにできています!!
お店で売ってるパンみたい!!
素朴なパン、たまに食べたくなります♪

| ナナソラママ | 2015/02/19 10:39 | URL |

すごい
煮汁がこんなにも変化するんですね
大豆のゆで汁もったいないからみそ汁に加えちゃいましたが
いろいろな活用方法があるんですね


| ワタモス | 2015/02/19 13:03 | URL |

Re: タイトルなし

> sachiさん

あの、ラクガキみたいな方程式をなるほど!
と言っていただけて、うれしいです!
超・文系なので、ああやって書かないと
脳みそがついていけない私・・・。

sachiさんのおうちの冷蔵庫は、上があったかいんですね。
我が家の冷蔵庫は、なんかクールです・・・なんで??

天然酵母に手を染め始めたのが晩秋からなので、
夏のパワーは未体験です。
あの「吹き上がる」という現象を、一度体験してみたい!

sachiさんも、また天然酵母パン焼いたら、ブログにのっけてくださいね~♪

| とむやむ | 2015/02/20 10:55 | URL |

Re: タイトルなし

> ナナソラママさん

一応膨らんだので、パンっぽい見た目にできあがり、
私も一安心でした。。。
でもここに行き着くまでに、数々の屍が・・・・笑
素朴なパンって、おいしいですよねー!大好きです。

| とむやむ | 2015/02/20 10:59 | URL |

Re: タイトルなし

> ワタモスさん

ワタモスさんも、お味噌汁にIN派でしたかー!
私の作って食べた感覚だと、汁物よりごはんに炊いちゃう方が、
万人ウケする味だなぁ、と思いましたです!
もう少しレパートリーが欲しいな~、と思っている
今日この頃です。

| とむやむ | 2015/02/20 11:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://taiyakitaiyaki310.blog115.fc2.com/tb.php/343-db0877fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。