たいやきのしっぽ

いまいち認知度の低いCS(化学物質過敏症)にかかっている人間の記録とつぶやき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乳児湿疹を食事で治す、皮膚科の覚書

事件です!
自他共に認める超・食いしん坊の私が、
ストイックな食生活に改めねばならぬ事態となりました。
あ、痛風とかではないですよ。ビクビク。

というのも、生後わりと早いうちから出ていた赤子の湿疹が、
ここ最近かなり悪化してきてしまったからなのです。

最初は、はいはい。乳児湿疹ですね。存じておりますよ。
という感じだったのですが、石鹸で洗おうが、ぬるま湯で洗おうが、
保湿をしようが、ボディビルダーのように油でテラテラにしようが、
全く改善せず。

調べると、乳児湿疹は皮脂の分泌の多い、おでこや頭に出やすく・・・
とどこも書いてあり、ん?我が家の赤子の湿疹は頬、胸などで、
そこって、そんなに脂ぎっている場所でもないよね?
と思いつつも、暢気に観察を続ける日々だったのですが、
ある日を境に、胸の湿疹から毎日黄色い浸出液が出てくるまでになってしまいました。

あ。こらさすがにあかん。
重い腰を上げて、皮膚科に行くことにしました。

ご近所の皮膚科さんが、偶然にも私の好きな東洋医学をベースに
診察してくれるところでして、そのお医者さん曰く、
「お母さんの食べたものに反応して湿疹が出ている」 と。

そもそも、皮膚の病気は体の内面の事情から生じてくるので、
薬で症状を抑えるだけでは、根本的解決になりません。
まずは日々の食べ物を改善 → それって母乳やんけ!
・・・ということで、私の食事の食材を逐一メモし、
お医者さんにチェックして頂きました。(我が家は完母です)

20160301143047c81.jpg

さて、それを受けまして、
先生に言われたことを以下メモしておきます。
長男坊の湿疹は、まだ完治してはおりませんが、
私の食事制限を1ヶ月ほど続けた結果、これでかなり改善しました。
胸のひどい湿疹も、あとほんのわずかで綺麗になります。


 食べない方がいいと言われた食材 
甘い物、冷たい物、なまもの、アクの強い物、旬が夏の物、体を冷やす物
新鮮ではないたんぱく質(一夜干し、味噌漬けなど、脂の酸化が懸念されるもの)


↓ 具体的にNGが出た食品例はこちら ↓
(特に湿疹が出やすいので注意、と言われた物)

【主食】
小麦、餅

【たんぱく質】
卵、乳製品、大豆、くるみなどナッツ、ごま

【肉】
牛肉、鶏もも肉、肉の脂

【魚介類】
いか、たこ、海老、かに、ツナ、まぐろ、鮭、たら、魚卵(いくら、たらこ)
貝(しじみ、あさり含む)

【野菜】
里芋、にんにく、にら、らっきょう、生姜、ごぼう(アクが強い)、
春菊、タラの芽、きのこ、アスパラ、筍


【果物】
バナナ、いちご、アボカド(油が気になるので少し)

【おやつ】
チョコレート、生クリーム、和菓子など甘い物

【飲み物】
緑茶(体を冷やす)、コーヒー




 食べても大丈夫なもの 
【主食】


【たんぱく質】
白身の魚、鶏肉(脂、もも除く)、赤身の豚肉

【野菜】
アクの弱い白い野菜(白菜、青梗菜など)
体を温める物(大根、人参、れんこんなど根菜類)

【飲み物】
番茶、紅茶



 先生に言われたこと 

★外出の際は必ず靴下をはかせ、下半身は温かい恰好をさせること。
 下半身が冷えると、上に熱が行ってしまう(上半身の炎症につながる?)

★右の乳首周辺が一番湿疹がひどく、
 黄色い汁(浸出液)が出てしまっていたが、
 先生曰く、乳首の湿疹は食べ物で出る場所、とのこと。

母乳にアレルギー物質が出るのは一日後、
 赤ちゃんに発疹が出るのは、食べてから(飲んでから)は、直後~48時間後


★離乳食は6ヶ月から、たんぱく質は1歳まであげなくていい
 母乳をあげていればたんぱく質は充分
 白い野菜を離乳食であげるように

★腸が丈夫になってくる10ヶ月頃までは、湿疹は出やすい

★山芋はおなかの薬になるので焼けばよし

★野菜のアクは湿疹につながるので、煮たらちゃんとアクを掬うようにする

★果糖もよくない、ビタミンCを摂るならばジャガイモがおすすめ

★ピーナッツに反応する人は大豆に反応する
 ごまがダメだと大豆がだめ

★ココナッツオイルはやめたほうがいい、オリーブオイルがよい
 炒め物より煮物を。

★悪くすると戻すのが大変、駄目な食材を、本当かな?と試さないように

★きのこは経験則上湿疹が出やすい気がする、
 使うなら乾燥しいたけがよい

★一日30品目がいいとはいうけど、
 それよりお腹に優しいものを食べた方がいいと思う

★よだれかぶれのひどい子は、お腹が弱いことが多い

(通院のたびに、随時増やしていく予定です)



先生から特に指示はありませんでしたが、
私が化学物質過敏症のため、上記に加えて

・ 食品添加物が入っている物は極力食べない
・ 洗濯石鹸は、粉石鹸などシンプルなもの(我が家は重曹オンリー)
・ 服は化繊なし、綿100%

上記の三つは、常に心がけています。


取り合えず、この食事日記というのが結構使えまして(上の画像のやつです)、
先生も仰っていましたが、NGと思われるものを私が食べてから
早くて24時間後くらいに、赤子に湿疹が出ることが多いイメージです。
これを元に、何が原因なのか分析していくと、
除去していくべきものの精度が、上がりやすくなるのではないでしょうか。

例えば私の場合は、基本日頃OKな食材のみの食事をしていて、
ある日NG食材を1品、小麦だけ、ごく少量食べたら、
翌日赤子の胸に湿疹が出た→小麦はあかん!
・・・みたいな感じで、なんとなく、駄目なものの目測をつけて行っています。
今のところ、長男坊は小麦、卵、ごまはあかんぽいです。むむ。


とまあ不安になりそうな流れですが、
化学物質過敏症で有名な、東の北里病院、西のふくずみアレルギー科、
そのふくずみアレルギー科のサイトに、ちょっとほっとするような
乳児湿疹の項がありましたので、以下転載させて頂きます。




ポイントが5つあります。

1:乳児アトピー性皮膚炎は放っておいても
1歳には患者の8割はよくなります。
特に顔の湿疹は1歳には殆ど無くなります。

2:症状のピークは生後3〜5ヶ月です。
あとは1歳までに少しずつ良くなります。

3:季節で言うと6〜9月の夏期には軽くなり、
11〜3月の冬期には悪化します。

4:食物アレルギーの検査上のピークは1歳ころにあります。
だから、離乳食はできるだけ遅らせましょう。
特に卵・牛乳(乳製品)は少なくとも1歳までは食べさせないようにしましょう。

5:乳児期のアトピー性皮膚炎では、
男児が女児より1.5倍患者数が多く、症状も重いです。
また、第一子より第二子の方が重症になる傾向があります。

以上のような1歳までの自然経過について知っておくのはとても大切なことです。
乳児期に湿疹があったとしても1歳になれば殆ど良くなりますので、
慌てずゆったりと構えましょう。


乳児期アトピーの治療では、栄養が最も大切です。
この時期では食物アレルギーの占める割合が最も大きいからです。

母乳かミルクか。
母乳の場合のお母さんの食事はどうか、お母さんに食物日誌を書いてもらい、
原因食物を絞り込むと同時に子どもさんのアレルギー検査を行い、
アレルギー素因を分析し、今後の離乳食の進め方、
環境要因の影響を見ていく参考にします。

(転載ここまで)



食物アレルギーは成長とともに軽減する、
と聞いたこともあるので、あまり悲観的にならず、のんびり構えてやっています。
まあ、実際なんとかなるでしょう。

ということで、今後アレルギーについても
ちょいちょい書いていきたいと思っています。

関連記事

| アレルギー | 01:10 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

乳児湿疹、しっかりと洗ってあげることって聞いて、息子たちはそれで終わらせてたけど、母親の食べ物も影響してるのは納得です。

それにしても、食べたらいけないものが多すぎて、こんがらがるので、食べてOKなものを見たほうがよさそうな感じだわ。

紅茶がOKなのに驚きでした。紅茶ってカフェインがあって体を冷やすイメージだったので。

長男の時に桶谷式の母乳マッサージに通ってたんですが、その時に言われたNGな食べ物と、OKの食べ物が似てるなって思いました。
NGな食べ物を食べると、母乳が不味くなり、OKの食べ物のほうが母乳がおいしくなるそうです。

| sachi | 2016/03/06 05:55 | URL |

うちは王子が脂漏性湿疹がすごかったんでそういうのかな??って思ったら
食物アレルギーなんですね


>食物アレルギーは成長とともに軽減する、
と聞いたこともあるので、あまり悲観的にならず、のんびり構えてやっています。
まあ、実際なんとかなるでしょう

悲観的に考えてもいいことないのでぜひ楽観的に
母乳がダメならミルクもありますし

ご飯に 根菜たっぷりみそ汁
白身魚のあんかけとか
チキンソテーとか
香辛料をちょっと使ったり
とむやむさんのすてきなアイデアで乗り切ってください

| ワタモス | 2016/03/08 12:06 | URL |

Re: タイトルなし

> sachiさん

sachiさんとこは、息子さんたちアレルギーとは無縁な感じだったんですね!
桶谷いってらしたんですね。
あそこは食事指導が厳しい、と聞いたことありますね~
私も、上の子の時は桶谷のを参考にした時期もあったんですが、
んもう、大げさ~~、厳しい~、無理無理~、なんて思っていましたが、
今それなりにお医者さんがやめとけー、言う食材に反応する息子を見て、
おおお。さもありなん。とびっくりしてるとこです。

そうそう紅茶!
私もびっくりしました。カフェインあるし、いーんかいな、と。

| とむやむ | 2016/03/08 12:16 | URL |

Re: タイトルなし

> ワタモスさん

あらー!息子くんは脂漏性湿疹がすごかったんですね。
やはり対策は石鹸洗いと保湿でしょうかね。
赤子の肌はゆでたまごのようにツルツル~、とかいいますけども、
実際はそうでもないものなんですよね笑

食物アレルギーかどうかはまだ分からないんですけども、
(でもそんな予感がむんむん・・・・)
ワタモスさんの仰るとおり、楽観的にがんばります~♪

白身魚のあんかけ、い~いですねーー!!
俄然おなかが減ってきた!!笑
そのメニュー、さっそく採用させていただきますーっ!

| とむやむ | 2016/03/08 12:33 | URL |

食物アレルギーは成長とともによくなるみたいですしね~
おっしゃるように楽観的に!がいいですね。

ゆるゆるですが
糖質制限していたとき今考えるとおっぱいの出が悪かったような。
最近前ほど気にしないで炭水化物を食べはじめたら出が良くなったんですよ~(たまに漏れるくらい。笑)
それで、食事って母乳に直結だな、子供のためにちゃんと食べないとダメだなあ~。。と。

いろんな説があってネット情報もたくさんだし
惑わされることも多いのですが(わたしは)

総合的にみるとやはり和食にいきつく?
結局、小麦や乳製品は日本人にはあんまり?なのかな~なんて思ったりしています。
(浅い発言ですみません(^^;)

| miomata | 2016/03/08 15:58 | URL | ≫ EDIT

長男、乳製品と卵のアレルギーでしたよ!改善したけど。
6か月の時、水疱瘡になって小児科に行ったとき、乳児湿疹がひどかったの。それを見た小児科の先生が、アレルギー検査をしてくれて、判明したよ(さすが先生だよね。親は全くアレルギーだと思ってなかったわ)。
けっこうなレベルで、卵がNGだと、その親の鶏肉もNG。乳製品がNGで、その親の牛(牛エキスも)NGというけっこうストイックなもの。

で、母乳だったので私も食事制限してました(忘れてたけど、思い出したわ)・苦笑

幼稚園に入園するころにはいろいろ食べられるようになったけどね~(*^_^*)

| sachi | 2016/03/08 19:47 | URL |

Re: タイトルなし

> miomataさん

いえいえいえ~浅いだなんてとんでもない!!
本当に仰るとおりだなぁ、と思っています。
小麦も、品種改良されすぎて、昔日本人が食べていた小麦とは
全く別物になっていて、それもアレルギーの原因になっているとかなんとか・・
やっぱり、昔からの食事がきっと一番なんでしょうね。
先生も、今は栄養過多なんだよみんな!と仰ってました。

miomataさん、授乳中に糖質制限されてたんですね。
お腹、めちゃめちゃ減るでしょうに、その精神力すごい!!
糖質制限すると母乳の出も悪くなるなんて、初めて知りました。
いいおっぱいを作るには、こんなものを食べるといい、というネット情報
(私もものすごく惑わされるクチです笑)を見て、
まったまた~~。なんて思っていましたけど、
お母さんのごはんと、おっぱいは本当に直結してるんですね~。
面白いです!

| とむやむ | 2016/03/09 11:14 | URL |

Re: タイトルなし

> sachiさん

あらー!お兄ちゃんはアレルギーあったんですね。
そして食事制限していたのを思い出したsachiさん笑

やー、でも今はすっかり良くなったとのこと、
何よりなことです、本当に!
うちも楽観的にいこういこう♪

皮膚科の先生、さすがですねぇ。
卵→鶏もだめ、牛乳→牛肉もだめ、って結構なスコアだったんですね。
食事作るのも大変だったでしょう。
幼稚園に入園するころ・・・
我が家もあと3,4年の辛抱と思って、のんびり頑張ります♪

| とむやむ | 2016/03/09 11:27 | URL |

うちも1か月になった時だったか二人とも思春期の子供のようにすごいぶつぶつが出てきましたよ~。あれって私の食べ物のせいだったのか・・・・みんな出るものだと思っていました。
あのときたしか皮膚科で「エキザルベ」っていう薬をたんまりもらってあれですっきり治った気がします。

食べない方が良いものが多くてびっくり!小麦もだめなんですね・・・クルミパンなんて最悪なのか・・・(涙)

| ナナソラママ | 2016/03/09 12:20 | URL |

私もそう言えば上の子の時に卵アレルギーかもって言われ(授乳中です)私が完全卵+鶏肉除去してました!!
結局大丈夫だったのですが。
って言っても今でも数値は2くらい出てるのですが体には出てないのでそんなに気にしなくてもいいって言われてます。
赤ちゃんの湿疹はかわいそうですもんね。

女子より男子の方が色々発症する確率が多いですよね。
うちがなった川崎病も男の子の方が多いって聞きますし。
女子は将来赤ちゃんを産むためか丈夫に出来てるのかな~?
って思った事もあります^^

焦るより、仰るようにのんびりね♪
その気持ちが息子君にも伝わっていいと思います(*^_^*)

| natsu | 2016/03/09 20:29 | URL |

あらららら~!! 
確かに 母の食べたモノ母乳に出ますもんね~

それにしても 食べられるもの少なっっ!!
母乳あげてると めっちゃお腹減るのにねぇぇ~( ;∀;)


宅のおとうと君も バブーの頃 肌弱くて ずーっと皮膚科通いだったの~ 
今もスッベスベ♡ とはいきませんが 病院行ってないし
アレルギー心配したけど 検査の結果 特に何でもなく…
謎のまま なんとな~く大丈夫になって暮らしております(笑)

当分の間 食事制限は大変だと思いますが 
お料理上手とむやむさんの 実験魂炸裂させちゃって下さいマセ~っっ(*^^)v

| maaboco | 2016/03/09 21:24 | URL |

Re: タイトルなし

> ナナソラママさん

ナナソラちゃんも、湿疹出てましたか!
生後すぐのは、お母さんのホルモンがお子に影響して・・・
と、産院のプリント(笑)に書いてあったので、もしかしたら
お母さんのお食事とは、そこまで直結していないかもですね。
あ、でもうちのは最初の一ヶ月、
実家に帰省してから、激しくなったなぁ・・・。

「エキザルベ」、調べたらステロイドなんですね。
ステロイド、一気に直すときはとってもいいみたいですね。
上の娘もお世話になったものです、ステロイド。

そうそう、小麦が地味にこまるんですよーー!!
くるみパン、しばらくお蔵入りです(号泣)

| とむやむ | 2016/03/10 10:41 | URL |

Re: タイトルなし

> natsuさん

あら!長男君も、卵アレルギーの疑いがあったんですか!
そしてnatsuさんも除去食していたんですね。
でも数値が2なのに、気にしなくてもOK!って、
本当に良かったですね~。
うちはどうだろう?そんな風になったら楽ちんで助かるなぁ ^ ^

男の子って小さいうちは弱い、と聞いてましたが、
本当にそうなのかも~、と肌で実感しちょります。
川崎病、調べたら、とても症状が辛そうな病気なんですね。。。
今は完治したのでしょうか??
完治していることを、祈ります。。。

> 焦るより、仰るようにのんびりね♪

ありがとうございます!
コメント書いてくださった他の方も、
お子さんが大きくなって寛解している方が多いみたいなので、
大船に乗った気で(何の?)、のんびりやりたいと思います♪

| とむやむ | 2016/03/10 11:04 | URL |

Re: タイトルなし

> maabocoさん

そーそーそーなんです、食べられるもの少ないんですよ!!
毎日おにぎり三昧ですよ、おやつはもなかとか、せんべいとか芋とかね・・・
戦時中かっていう。。。
仰るとおり、もう授乳中でハラペコーニュなのに、参ってます。。。
とかいいながら、せんべい爆食いなんですけども笑

おとうと君も、バブーの頃はお肌弱かったですか!
まさかまさか、お写真見ると、きれいなまりもお肌ですもんね今!
二人目の方がお肌弱し、てお医者さんのHPにありましたが、まさにそれ!?
アレルギーじゃなくって、なによりでしたねぇ。
うちのボンも、そうでないことを祈りたいです~~。

まさに今、食事制限から実験魂に火がついております。
ああ、変なことしたい・・・ウズウズ

| とむやむ | 2016/03/10 11:52 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/07/10 20:59 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://taiyakitaiyaki310.blog115.fc2.com/tb.php/414-0c7da25d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。